Home > 文具 > 続 モグラの革フォルダー。

続 モグラの革フォルダー。

2009OKDN061.jpg

さて、そんな具合に文書が少量の場合には、もっぱら角2封筒を使っていました。ところがこの職場に移ってからと言うもの、折に触れ、クリアファイルに入った文書をもらうことが増えたのです。A4で1〜2枚程度のわずかな文書でさえ、クリアファイル入りで届くことがあります。ご丁寧なことに、クリアファイルに挟んだうえ、さらに角2封筒に納めたものを手渡しされたこともあるくらいです。

一口にクリアファイルと言っても、そのなかには先方の職場のロゴや住居表示が仰々しく入ったものがあります。状況によっては便利なこともあるのですが、こうなるとあまり普段使いにはできにくい……。

また、ベースの色が乳白色や黄色やオレンジや薄緑色の半透明タイプもあります。開閉の便宜を考えた半円形の切り割り(?)の位置もメーカーによって微妙に異なっていますし、整理用のタブがくっついているタイプもあれば、2穴バインダーに綴ることが前提のものもあります。いずれにせよ、そのデザインは多種多様で、微妙に不揃いなのです。

さすがに角2封筒と違ってプラスチック製ですから、おいそれと捨てるわけにも行きません。ですから不承不承に使っていたのですが、しかしどうにも手に合わんなぁ…..と苦手意識が拭えませんでした。鞄の中に入れても長方形の2辺がペラペラと開いた状態なので、ウッカリ別の書類や雑誌を放り込んだときなど、中の紙がグシャグシャになってしまうのです。

そんなある日、どういう心境の変化か判然としませんが、ふと思い立って、それまで放置していたモールスキンのフォリオ・フォルダー(こちら)を使ってみることにしたのでした。

このフォリオ・フォルダー。しょせん紙製ですから、あっという間にシワや折れキズが入ってしまい、早晩、シワシワ、グシャグシャ、ヨレヨレになるんだろうな…..そのクセ単価2,000円超えは高いよなぁ…..と、ひたすら飾って眺めるばかりで、どうにも使う勇気が持てなかったのです。しかし、このまま放っておいてもAirに使えるわけでなし、すぐにダメになることを覚悟して使うことに決めたのでした。

(つづく)

2009OKDN062.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2011/02/%e7%b6%9a-%e3%83%a2%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%81%ae%e9%9d%a9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%bc%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 モグラの革フォルダー。 from memoranda

Home > 文具 > 続 モグラの革フォルダー。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top