Home > 林檎電脳 > 民主的な独裁制(3)。

民主的な独裁制(3)。

200903GIFU056.jpg

さて、原則として悪口は書きたくないのですが、悲しいことに、Microsoftの仕事ぶりには心底ウンザリしています。Windowsから逃げることはできたものの、WordとExcelから離れることはできませんでした。幾度か試みた(参考記事:「続 続 林檎だけで生きる。」)のですが、未だに縁が切れないのです。Wordは他人と文書のやりとりをしなければならないので使わざるを得ず、Excelは表計算ソフトとしてこれを超える製品が未だに無いことが理由です。

圧倒的なシェアに胡座をかき、幾世代にもわたって何ら不具合を修正しない、そのクセ、使いもしない「新機能」をメジロ押し。新バージョンをインストールするたび、何か不具合を引き起こさなければ気が済まず、忘れた頃に登場する修正プログラムがさらなる不具合を引き起こす…..。

首を傾げるのは、AutoUpdateの機能です。自分で勝手に立ち上がり、そこまで勝手に動くなら、最後まで責任をもって済ませてくれれば良いものを、あろうことか「アップデートのために立ち上がったボク自身をお前が終了させなきゃ意地でも次に進んでやんない!!」とホザく始末。まったく不可思議です。

しかし、それくらいなら可愛いものです。なにより腹立たしいのは、Office2008で削除したVBAを2011で復活!!と喚き立て、2008への補償を完全にスルーしていること。要するに「2008にVBAが無くてショックを受けた人で、それでもなおVBAが使いたければ、新しいバージョンをお買い上げ下さい♬」ってこと…..。こんなことをまかり通してしまう会社って……? こんな会社の製品に2〜3万円も出す必要ってあるのだろうか…..と、誰かが言っていたような気がします。

うっかり2008まで付き合ってしまったOfficeですが、実は2004に戻して使っています。仕事上、ExcelにはどうしてもVBAが不可欠なのです。しかし間違っても、そして頼まれても2011を手にすることは無いでしょう。私ごとき仕事の内容ならば2004で充分なのです。

しかし、いま使っている2004でさえ、この先にiWorksのNumbersが進化するならば、いつでもスイッチするつもり…..ってなことをつらつらと思いながら、せっかくの新型Airに2004を放り込まざるを得ない苦々しさと言ったら…..。頼みもしないのに、勝手にDockに放り込まれるアイコンの腹立たしいこと…..。

Appleの危機を救うために手を差し伸べたつもりなのでしょうが、到底、こんな商売の仕方がいつまでも続くとは思えないのです。

いかん。ずいぶんと感情的になってしまいました。反省。

(つづく)

200903GIFU047.jpg

Comments:2

danaka57 10-10-30 (Sat) 0:00

林檎生活を楽しんでいますが、MSにさよならを言う方法はまだないようです。なんとも腹立たしいことです。

mb 10-10-30 (Sat) 16:11

danaka57さん、はじめまして。コメント、ありがとうございました。
danaka57さんも、お悩みのおひとりなんですね。昨日発売の某林檎専門誌でも、Office2011に関しては、情けないくらい、全くのヨイショ記事。と言いつつ、真木よう子さんを連れて帰ってしまった自分もまた情けないです…..。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/10/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e6%b0%91%e4%b8%bb%e7%9a%84%e3%81%aa%e7%8b%ac%e8%a3%81%e5%88%b6%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
民主的な独裁制(3)。 from memoranda

Home > 林檎電脳 > 民主的な独裁制(3)。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top