Home > 思惟 > 緊急連絡網。

緊急連絡網。

  • July 26th, 2010 (Mon) 20:01
  • 思惟

2009NGY071.jpg

どんな職場であれ、ある種の緊急連絡網は整えられているものと思います。もちろん個人情報保護の観点から、その収集や取り扱い、公表/非公表の可否も含め、運用には相当に神経質にならざるを得ないご時世です。聞くところによると、こうした情報の管理をゴッソリ外部の企業に委託するケースも珍しく無いのだとか。同じ部署で仕事をする人間の連絡先を、当人同士ではなく、一面識も無い外部の人間に握らせるわけです。

もちろん、揉めごとや傷害・殺人事件の大半が顔見知りの間でこそ起きていることを考えれば、最も用心すべきは身近な他人かも知れません。しかし「個人情報の外部委託によって保たれる職場内の平穏」というのも、あまりに未然過ぎる防止のように思えて複雑です。いや、別に「知りたい」わけでも「知らせたい」わけでも無いのですが…..ブログを匿名でしか運用する気のない私に言う資格はありませんね(苦笑)。

さて、困ったことがおきました。そんな職場のとあるセクションの代表者として、私の緊急連絡先を職場の事務に届け出なければならなくなりました。しかもお節介なことに、

緊急連絡員たる要件は、携帯電話を所持しており、携帯メールを利用している者とする。この要件を満たさない場合は必ず代わりの者を選出すること。

などと、要らぬ条件までくっつけてくる始末です。

決して今の職場のセクションを私が「代表」しているわけでは無く、どちらかというと年輩世代の方が多いので、その方々に余計な連絡要員などの労をとらせるわけにも行かず、「年少の私めが町内会の役員を引き受けさせて頂きます」といった軽いノリで手を挙げ(ざるを得なかっ)たに過ぎないのですが、そうしてフタを開けてみると↑の要件が付いていた、という次第…..。

しかし、なんだか不思議に思うのです。携帯電話を持ってさえいれば、すぐさま緊急の連絡がその当人に伝わるはずだという思い込み自体が間違えていると思うのです。

当人が携帯の扱いに不慣れで、しょっちゅう携帯していなかったり、留守電の設定を解除してメッセージが残せなかったり、憶えのない着信番号は片っ端から拒否したり、呼び出し音を鳴らさない設定にしたまま鞄に放り込んでいたり、着信履歴をきちんとチェックする習慣がなかったり、電源を切ったまま忘れていたり、電波の繋がりにくいところに居たりなど、即座に繋がらない理由と状況はいくらでもあるはずで、「強制的に呼び出す」という点では、むしろ固定電話の方に分があるように思えるのです。

以上のことは、携帯電話を持っているはずのウチの両親とかカミさんを相手に私が連絡を入れた際に、十中八九、まともに繋がったことのない実体験から言えることで、「携帯電話を持っているからと言って、すぐに繋がるはずが無い」ということを言いたいのでした。

なにより、それほどまでに緊急を要する事態とは、いずれ天変地異くらいにあろうはずがなく、そうなれば携帯電話の回線など、あっという間にパンクしてしまい、むしろ「かけ控え」が促されるのがオチでしょう。

いま、いくつかの選択肢を思案中です。この際なので、携帯電話を買ってしまう。持ちたくないモノを持つわけなので、わずかでも食指の動くiPhone4に手を出してしまう。しかし今後、例のアンテナ問題に伴う設計変更の可能性が捨てきれないので、もう少し様子を見る。しかし連絡要員届出の締切は来月上旬。となると当然、この期限までにiPhone4が間に合うはずも無いので、カミさんも両親も入っているアウと不承不承に契約し、絶えて会話の無かった我が家に無料通話の花を咲かせてみる。しかし持ちたくないモノを私が常時携帯するはずも無く、そうするとたちまち連絡要員としての義務を果たせないことになってしまうので、やはりiPhone4…..ということを含んでもらって、当面、職場には固定電話と職場メールでの猶予期間を設定してもらい、でも実際には携帯電話を手に入れることもなくトンズラする。そして「固定電話でも大丈夫。」という実績をつくってしまう。

実は、全てのニーズを満たす解決策は、「思いあまってカミさんの携帯番号を内緒で登録してしまう」なのでした。あと数日のウチに結論を出さなければなりません。うぬぅ…..。

2009NGY042.jpg

Comments:2

やっ 10-07-27 (Tue) 10:35

怖いのは、「携帯電話を持っているから何時でも連絡が着く」はずなのに、繋がらなかった!・連絡付かなかった!!と、怒られる事です。当初携帯以前にPHSを持った私がカミさんからよく怒られました(>_<) 
まぁ当初のPHSは繋がりにくいという事情もあったのですが、それにしてもケータイなら何時でも何処でも繋がると思い込んでしまう悲しい人間の性。否エゴか。

仰るとおり携帯もちなのに携帯していない人や鞄に入れっぱなしの人や留守電入れても操作がわからずそのまま放置の人等々、どんなツール・デバイスでもそうですが、最後はそれを使う人間に問題があるというのが常ですね。

mb 10-07-27 (Tue) 19:10

やっ さん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます。Twitterでのやりとりの方が先になってしまってすみませんでした。

>何時でも何処でも繋がると思い込んでしまう悲しい人間の性。否エゴか。

まさに仰るとおりですね(笑)。ですから、相手の都合もお構いなしにビービー鳴り響くモノを常に携えているなんて、考えただけでもゾッとします。「持たずに済ませられるのなら、その方が良いよ」と言ってくれる人が多いのですが、決して社交辞令ではなく、ずいぶん本音だなぁ….と思うことがあります。
ただ、いずれ持たざるを得ない時が来るとして、はてさてどうしたモノか?と思うことがひとつ。それは私の携帯電話の番号を、誰に、どんな具合にお知らせすれば良いのやら、ということです。いまさら年賀状に「携帯電話を買いました」と嬉しげに刷ることなどできませんし、頼まれもしないのに相手構わず吹聴して回るモノでも無いでしょうし…..。
完全に乗り遅れた者としては、そんな些細なことさえ気になってしまうのでした(苦笑)。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/07/%e7%b7%8a%e6%80%a5%e9%80%a3%e7%b5%a1%e7%b6%b2%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
緊急連絡網。 from memoranda

Home > 思惟 > 緊急連絡網。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top