Home > 家族 > その財布の名を知らず。

その財布の名を知らず。

  • July 13th, 2010 (Tue) 22:49
  • 家族

2009NGY058.jpg

昨日、日帰り東京出張したさい、帰りの新幹線の発車時刻まで、有楽町をぶらついていたと書きました。ITOYAとApple Storeの他に、もうひとつお目当てがありました。カメラじゃありません。どういうわけか、ここのところ、カメラに関する物欲はゼロ…..ひょっとするとマイナスかも知れません。 Leicaに興味を覚えなかったおかげでしょうか?

もうひとつのお目当て…..それは、ずいぶんと草臥れているカミさんの「財布」でした。草臥れているのはカミさんではなく財布の方です。訊けば、彼女が大学に進学した折り、母親の知人が進学祝いに贈ってくれたのだそうです。

以来、19年も使っているのです。外観は相当に草臥れていますが、彼女の手にしっくりと馴染んでいて、もはやこれ以外の財布は考えられないほど、彼女と一緒にあることが自然なのでした。

あれほどモノをどこかへ置き忘れたり、手に触れるものがことごとく壊れて行くカミさんですが、この財布に限っては不思議なほど、失くされたりすることもなく、理不尽に破壊されたりすることもなく、いまでも現役で大活躍なのです。年数相応に草臥れてはいるものの、ステッチのほつれや革の破れもほとんどありません

しかし、いずれ寿命は近いだろうと思えましたから、このさい、新しい財布でもプレゼントしてみようかと思ったりしたのでした。白状すると、私自身の物欲に始末が付けられなかったので、カミさんのもので埋め合わせようとした完全な代償行為でした。なんとも甲斐性のない旦那です。

さて、「新しい財布」とは言え、敵は19年のキャリアです。おそらくその財布の使い勝手はカミさんの身体に染み付いているでしょうから、ほぼ同じ仕様でなければなりません。しかしそこは天下の有楽町。出鱈目に歩いたって、類似品は見つかるに決まっている…..そう思って、幾つかのデパートを覗きました。

しかし、とてつもなく手強かった…..。白状すると、昨日は時間切れで手に入れることができませんでした。余計な装飾が一切なく、革製で綺麗な真紅の財布など、意外に見つかるものではありませんでした。たいてい、要らぬ装飾がケバケバしく、およそ見るに耐えぬものばかり…..。

概ね、デパートの1階で化粧品の匂いに耐えながら小物のコーナーを物色し、そこになければ専門店街のフロアに登るのですが、財布の専門店などあろうはずがなく、たいていはアクセサリーのひとつとして、申し訳程度に置いてあるばかり…..。なんとも言えぬ効率の悪さに浮き足立つばかりでした。最後の望みを丸の内OAZOに託したのですが、ここも敢え無く陥落…..。

なにより困ったのは、大分類「財布」の「下位分類」の名称が、知識として私の中にまったく無かったことでした。勢い、こと細かに特徴を説明するしかありません。全体はコの字型にファスナーで閉じる仕様。それを開くと左側にカード入れが4つ、右側がホックで蓋をする小銭入れ。そのカード入れと小銭入れの裏側が札入れのスペースになっていて、普段はファスナーを閉じて二つ折りで使う仕様です。その大きさは約13cm×9cm。

う〜ん、いったいなんというタイプの財布なんでしょう…..? 名前が見当たらないことは、やはりとても不自由なものです(苦笑)。

2009NGY057.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/07/%e3%81%9d%e3%81%ae%e8%b2%a1%e5%b8%83%e3%81%ae%e5%90%8d%e5%89%8d%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9a%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
その財布の名を知らず。 from memoranda

Home > 家族 > その財布の名を知らず。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top