Home > 林檎電脳 > 続 趣味の自立。

続 趣味の自立。

2009NGY022.jpg

まったく下世話な話になりますが、iPad 32GBのWi-Fiなら、ざっと60,000円。これにクリアケースやら液晶保護フィルムやらコネクタ・キットの類を足していくと、下手をすればあっという間に80,000円近くの出費になります。ところがAirのSSDモデルなら、この倍でもお金は足らず、ザッと100,000円を上乗せしなければなりません。もとより秤にかけられようはずが無いのです。

それではiPhone 4の場合はどうなるのでしょう? 到底、その複雑な料金体系は私に理解出来ようはずが無いのですが、どう見積もっても月6,000円を下回ることは無さそうです。とすれば、年間に最低でも72,000円、まさかそれで済むはずがありませんから、やっぱり年間100,000円…..。

もともと電話嫌いのカミさんによると、彼女はauと契約したさい、とにかく基本的な料金が安く済むパッケージを選んだそうです。なので通話をすればするほど料金が嵩むらしく、通常、なにもしないときなら3,000円程度で済んでいるものが、この年度末から年度始めにかけての引越の際には月に10,000円を軽く超えてしまったのだそうです。

ま、それはともかく、このタイミングで夫婦揃ってiPhone 4を手にすると、年間200,000円近い(しかも翌年以降も続く)出費を覚悟することになるわけです。ほら、Airが余裕で買えるどころの話しじゃない(笑)。

さて、iPadもAirもiPhoneもスルーしてしまったいま、脳内限定ながら浮いた200,000円を、なにかの形で始末をつけなければいけない気になります。もちろん、しがないサラリーマン生活ですから、年間200,000円ものまとまった小遣いが許されるはずもありません。しかし半額程度なら…..それも無理ならせめて4分の1程度…..

と、自分で値切っているうちに、iPod Touchが候補に上がったり、ポイント利用と展示品処分と壊れたカメラ下取の三段攻撃で40,000円程度で手に入りそうなGR-DIIIが候補に挙がったり、「待てよ? この夏にはSX-70の復刻があるはず…..」と立ち止まってみたり、やっぱり自転車(LGS-RSRIII)でしょ?!とか、あるいは早晩、テレビとビデオの買い替えが必要になるからなぁ….とか。

実際、昨日のニュースが報じたとおり、我が家の14インチSonyトリニトロンは、いつ火を吹いても不思議じゃないそうなのです。地デジへの完全移行を控えた1年前の、おまけにボーナス前タイミングのあざとさに疑念を覚えないわけではありませんが、ホントに火事になるのなら、コトは一刻を争うことになるのです。しかし、ここで新品の液晶テレビとBDレコーダーを手に入れたところで、なにか嬉しいことがあるか?と問われれば、別に何も嬉しくは無いのでした(苦笑)。

(つづく)

2009NGY013.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/06/%e7%b6%9a-%e8%b6%a3%e5%91%b3%e3%81%ae%e8%87%aa%e7%ab%8b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 趣味の自立。 from memoranda

Home > 林檎電脳 > 続 趣味の自立。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top