Home > 思惟 > 予感と確信。

予感と確信。

2009NGY024.jpg

職場を移って2ヶ月が過ぎました。前の職場では「中堅」でしたが、この職場では「新人」と同じです。この間、自分自身に繰り返し言い聞かせてきたことは、とにかく前の職場との比較をしない、なにかしら不具合を見つけたり異和感を覚えたりしたとしても、果たしてそれが「不具合」なのか、それともこの職場の「文化」なのか、まずは冷静に理解しようと努めること…..この2つでした。

ですから自ずと無口になります。自分から行動を起こすよりも、目の前で起きていることを、まずは論評抜きで理解しようと努めます。ただひたすらにおとなしくしていること、より直截に言ってしまえば、何もせずに黙って座っていることが、今の私に課せられた唯一最大の「仕事」なのです。

昨年度までのことを考えると、本当にこんなことで良いのか?と心配になるくらいヒマなのです(苦笑)。親しく声をかけて下さる同僚に、「ヒマにしていてすみません」と言うと、「気にしなくて大丈夫。あっという間に忙しくなるから。」と慰めてくれます。正真正銘に他律的な私としては、誰かに何かを言いつけてもらう方が楽なのです。せめて何か練習問題のひとつでも…..とも思いますが、やはりここは我慢我慢。ま、このあたりのことは、いずれゆっくりと書いてみたいと思います。

さて、そんな状況にありながらも、この職場に新しく「友達」を作ることもできました。互いに同じ臭いを嗅ぎとったのでしょう。現状に課題を見つけ、それを理解し、より良くして行くための具体的な手立てを講じること、それを「仕事」とは思わずに「楽しみ」と錯覚できる志向性…..「忙しい」とか「やらされてる感」とは無縁のところで、互いに悪ノリできそうな間柄…..。

彼の出身地が、私の前の職場の隣県で、しかも同じ地方に分類される土地だったことも、私に親しみを抱かせた理由です。私はネイティブではありませんが、13年もの間に馴染んだ土地の言葉を耳にできるのは、やはり嬉しいことに違いありません。加えて彼は無類のF1好き。その脳内データベースの質量は半端ではなく、またTV観戦の視点の正確さも抜きん出ています。これは「近づくな」と言う方が無理でしょう。

しかし、趣味が合うことだけで近寄れるはずはありません。やはり仕事に関わる課題の立て方に、どれほど近い感覚を覚えられる相手か否かが勝負です。その点、彼はまったく申し分なく、その一言一言が私の腑に落ちるのでした。

さて、私を驚かせたものは他にもあります。お互い、携帯電話を持っていないところは同じでしたが、彼はなんと自宅にインターネットも引いていないのです。理由は「どちらも要らないから。」「ネットは職場でできるから。」「衣服とAV機器と車にお金がかかるから。」と言うものでした。実際、彼が液晶テレビとDVDを導入したのは、この機械が登場した比較的初期のことで、またF1のCS観戦歴も、とてつもなく長いのでした。

上には上がいる…..。改めて、自分の甘さを思い知らされます。彼とは楽しく仕事ができそうな予感…..否、ほとんど確信を抱いているのでした(嬉)。

2009NGY018.jpg

Comments:2

やっ 10-06-18 (Fri) 10:29

自宅にインターネットを引こうと色々料金など調べていたところでした。

以前は引いてあったのですが家庭内仕分け?によってカットされ5年以上経過していたのですが世の中何でも「詳しくはWEBで」で、学校行事の連絡までもがメールやネットになってしまい、思いがけず?w復活対象の事業となったわけです。

が、自宅にネットが無い5年間。なんとかなったものです。”彼”の言うようネットで調べたかったら会社で調べればokなのです。むしろ無い方が良かったのでは?とさえ思います。無駄にインターネットで時間を潰すこともないですし。

携帯電話も自宅にネットもない”彼”の話しをこうして、又聞きでしかも少しだけ聞いていて、冷静に思えば別に無くてもなんとかなったんだしそれなら現状のままで良いのではないか?と…そう後押しされたような気がしないでもないです。

mb 10-06-18 (Fri) 22:37

やっさん、こんばんは。いつもコメント、ありがとうございます。
ウチの両親は昭和10年代生まれの古い人間です。私が子どもの頃、特に母親は「いちど良い暮らしをしてしまうと、それを下げるのは容易なことではない」と口癖のように話していました。まるで「贅沢は敵だ」と言わんばかりの勢いでした。それが「礼節を知る」とか「足るを知る」といった「品位」に繋がれば良いのですが、私の場合、単なる貧乏性に終わりそうです(苦笑)。
さて、いったんネットや携帯電話を手に入れてしまうと、それを手放すのは容易なことではないでしょうね…..。それをいじっている時間、たいしたことはなにひとつしていないクセに、いまや私の生活からネットを取り除くことは考えられません。冷静に考えれば、前の職場に就職した13年前は、Niftyのダイヤルアップ接続しか無かったのに…..。
携帯電話を持たない理由も、それを持つことによって失うことになる時間の量に怯えるからです。到底、なにか生産的な時間が過ごせるとは思えないのです(笑)。
眼の前の家族と繋がっている時間のほうが、よほど大切ですよね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/06/%e4%ba%88%e6%84%9f%e3%81%a8%e7%a2%ba%e4%bf%a1%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
予感と確信。 from memoranda

Home > 思惟 > 予感と確信。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top