Home > 昔話 > 選別の基準。

選別の基準。

2009KRM011.jpg

中学に入った頃、我が家にもVHSのビデオデッキがやってきました。それをいちばん活用したのは、思春期真っ盛りの私でした。今も自宅や実家のラックには、捨てられぬままに残されたビデオテープが並んでいます。背中には映画や番組のタイトルが拙い字で書かれています。判読しがたいほど消えかかっているものもあれば、貼ったシールが湿度のせいでベロベロに波打っているものもあります。

当然の如く、カビの生えたテープもあり、はてさて一体どうしたものかと思います。カビを伝染させることにもなりかねませんから、迂闊に再生することを憚られるテープばかりです。しかし、どうにも捨てられぬままに残っているのでした。

思いつくままに、その手書きのタイトルを挙げてみると、およそこんな具合です。戦場のメリークリスマス、探偵物語、YMO散開コンサート、独眼竜政宗「輝宗無惨」、北の国から ’87初恋、尾崎豊コンサート(カップヌードル)、冗談ストリート、夢千代日記、続 夢千代日記、新 夢千代日記、同級生、東京ラブストーリー、愛という名のもとに、十九歳、オウム真理教事件(のワイドショーやニュース特番)、ランボー、ラストエンペラー、三国志、真田太平記、宮本武蔵、NEO GEOツアー、Playing the Orchestra、音楽の旅はるか(教授+YAS-KAZ)、野獣死すべし、蘇える金狼、ツィゴイネルワイゼン、陽炎座、夢二、赤穂城断絶、映像の世紀、驚異の小宇宙 人体、世にも奇妙な物語(人面草)等々……。いずれ貧乏性ですから、ほとんど全てが3倍モードでの録画です。

今回、引越するに当たって、市指定45Lのゴミ袋で3袋分のビデオテープを処分しました。DVDレコーダーを持っていませんから、VHS→DVDのコピーも諦め、とにかく荷物を減らしたい一心で、腹を括って捨てることにしたのでした。

とは言え、ただ闇雲にゴミ袋へ放り込んだのではありません。時間はかかりましたが、一本一本、手にとってラベルを確認し、とりあえず残したいものだけを残すことにしたのです。まさしく「ビデオ仕分け」です。

最初のうちは何を基準に選別しているのか、自分でも良く判りませんでした。いずれ「選別」なのですから、一定の規則性があるようなものですが、腕は右へ左へとテープを選り分けていくばかり…..。そうして第一次仕分け、第二次仕分け、第三次仕分け、その結果の見直し、という過程を経て、ようやく捨てられるべき3袋分が決まったのでした。

(つづく)

2009KRM009.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/05/%e9%81%b8%e5%88%a5%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%ba%96%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
選別の基準。 from memoranda

Home > 昔話 > 選別の基準。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top