Home > 家族 > 続 続 続 みんな持ってる。

続 続 続 みんな持ってる。

  • May 6th, 2010 (Thu) 17:55
  • 家族

2009KRM004.jpg

日の並びも良く、お天気にも恵まれた今年のGW。この数日をどのように過ごしたかは、いずれゆっくりとお話ししますが、こと子どものゲーム機について言えば、この間、まるで進展はありませんでした。もちろん、彼は彼なりの知恵を働かせて、様々な押し引きを仕掛けてきました。しかしそれは文字通りの意味で「児戯」でした。その幼さと素直さには、苦笑しつつも微笑ましく思わせてくれるものがありました。

彼が仕掛けてくる押し引きに対して、私が採った戦略は2つです。ひとつは、決して彼の感情の地雷原を踏まないこと。もうひとつは、より高くて麗しい未来を指し示しつつ、しかし詰まるところは「先送り」による「時間稼ぎ」と彼の「忘却」に期待しようということでした。

まず最初に、iPadのことを話しました。AppleのHPにある紹介ビデオを見せながら、「こんなゲームもできる」「YouTubeも見られる」「インターネットで調べ物もできる」「お父さんもお母さんも欲しがっている」ことを力説しました。過日の「一定の理解」という記事にも書きましたが、既に息子はiPhoneやiPod Touchに興味津々なのです。案の定、iPadの紹介ビデオには、目を輝かせて魅入ったのでした。

これが奏効したらしく、ビデオを見終わった直後には、「DSよりもiPadの方が良い!!」とホザくまでになりました(もちろん、「家の中でしか使えない(Wi-Fiモデルを想定)から、DSのように外に持ち出すことはできないよ」と言ってあります)。

みんなが持ってるから「DS」が欲しかったのでは無かったか?」と、彼の論理矛盾を突いてみましたが、「それはそうだけど、iPadの方が良い。」と、昨今の政治家も羨むくらいの変節と開き直りぶりなのでした。

しかしここで決定的な誤算が…..。iPadではスーパーマリオができないのです。そのことを隠し、彼を騙してまでiPadを押し付けるつもりのない私は、正直にそのことを話しました。併せて「マリオはできないかもしれないが、小さな画面で遊んで眼を悪くするよりも、どうせなら画面は大きな方が良い」と説き伏せてみました。

私たち夫婦は、どちらも極度の近眼なのです。カミさんは小1から、私は今の彼と同じ小3から眼鏡使用者です。その血を受け継いでいる彼ですから、この先ゲームに触れようが触れまいが、遅かれ早かれ彼も眼鏡をかけることになるのです。

そのことは判っていても、できるだけ先延ばしにできたなら…..とは、いじましい親心にほかなりません。

(つづく)

2009KRM001.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/05/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 続 続 みんな持ってる。 from memoranda

Home > 家族 > 続 続 続 みんな持ってる。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top