Home > 家族 > 続 みんな持ってる。

続 みんな持ってる。

  • April 27th, 2010 (Tue) 18:06
  • 家族

2009TMNUR099.jpg

さて、困ったことになりました。今まで、さほど欲しがる素振りなど見せたことの無かった彼が、今回ばかりはどうも本気のようです。転校したばかりで、未だ友達も多くないはずなのに、要所要所で「みんな持ってるよ!!」を連発します。そして三度にいちどは以前の土地で仲の良かった友達を持ち出して、「こうきくんも、たくちゃんも、だいきくんも、りょうへいくんも持ってるんだよ」などとヌカします。

あいにく、彼の両親であるところの私たち夫婦は、揃いも揃ってゲーム機が嫌いです。これは規範的に言うのではありません。特に私の場合、ほとんど生理的に受け付けられないのです。

とにかく、あの口をポカンと開けたままモニターに見入っている姿が気に入りません。そのクセたいへんなスピードで十指を動かし、なにごとかをブツクサとつぶやいている、デパートや公共交通機関に居るお子様たちも気になります。おまけに眼前でそのゲームを巧みに操る人物に出くわすと、なんだかとっても悔しくなるのです。

もちろん、私が子どもだった頃、我が家にゲーム機が無かったわけではありません。しかし、それは私の所有物ではなく、すべて弟のものでした。いずれも任天堂の「ゲームウォッチ」で、「ファイア」と「ドンキー・コング」でした。余談ですが、最近、どちらも実家で見つかり、電池を入れたところ、ちゃんと動くことが判りました。

ただ、そうしたゲーム機を欲しがるには、当時の私は学年が上がり過ぎていました。またファミコンが一般に普及し始めた頃には、既に高校生から大学生でしたから、関心はまるで別のところに有ったのでした(ですから、友達の下宿に集まってファミコンなんぞが出てくると、私は下手なので、もっぱら遠巻きに眺めているだけでした。そして「早く終わんないかなぁ…..」と、独りで退屈していたのでした)。

そんな間の悪さと生来の性質とが相俟って、幸か不幸か、およそゲーム機とは縁の無い暮らしを送ることができたのでした。

…..とここまで書いて、ふと気が付くことがあります。ほとんど生理的と言っても良いゲーム機に対する嫌悪感は、携帯電話に対する忌避感情と、どこかしら似ているような気がします。ところ構わず鳴り響く呼び出し音。それを消そうとして、かえってドタバタと騒々しい輩。室外に出て通話しさえすればエチケットを守ったと言わんばかりの、しかしかえって廊下中に響き渡るハタ迷惑なマヌケぶり…..。

どんな利便性よりも、そんな振る舞いをしてしまう一人にだけはなりたくないという一点が、唯一、私を携帯電話から遠ざけているようです。しかしどれほど屁理屈をこねたところで、所詮は「社会性や協調性の欠如」といった資質の裏返しに過ぎないようにも思えるのです(苦笑)。

(つづく)

2009TMNUR044.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/04/%e7%b6%9a-%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 みんな持ってる。 from memoranda

Home > 家族 > 続 みんな持ってる。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top