Home > 思惟 > 春の匂い。

春の匂い。

  • February 8th, 2010 (Mon) 23:54
  • 思惟

2009TMNUR043.jpg

立春を過ぎてから昨日までの間、とても寒い日がつづいていました。もともと、この土地の寒さは優しくて柔らかい寒さなのですが、ここ数日は冬場の盆地のような、刺すような冷たさに覆われていました。その印象が強かったものですから、仕事を終えて職場の建物を出るときにも、寒さを迎え撃つべく身体は反射的に身構えていたのでした。

しかし今日は、コートに包まれた身体の中と、外気温との差を感じないくらい、暖かい夜でした。

春一番が吹いたのでしょうか? 星は出ていませんでした。職場から駐車場まで歩く間に小雨が降りました。暖かい雨に濡れたアスファルトから、萌え立つような春の匂いが漂っていました。いまこの瞬間も、時折吹く風に振り払われるかのように、天から小雨の粒が落ちているようです。

三寒四温、でしょうか。

とうとう、春が来てしまったのかも知れません。

2009TMNUR039.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2010/02/%e6%98%a5%e3%81%ae%e5%8c%82%e3%81%84%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
春の匂い。 from memoranda

Home > 思惟 > 春の匂い。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top