Home > 林檎電脳 > SSD。

SSD。

2008ONM102.jpg

昨夜の記事を書き終えたあと、一仕事終えた解放感からか、フッと眠気に襲われました。ここ1〜2年、いつもそうなのです。それまで抱えていた仕事に区切りが付くと、その途端に急な眠気をもよおすのです。おそらく、これが歳をとったと言うことなのでしょうか。それとも私がたるんでいる証拠でしょうか(笑)。 かつてなら、終わった昂揚感のおかげでみるみるうちに元気になり、休むどころでは無かったはずなのに…..。

さて、眠い目をこすりながら…..では無かったのですが、いてもたってもいられず、HDDが壊れたまま放置していたMacBook KURO(Late 2006)の修理に取りかかりました。職場から貸与されている機械なので、修復のパーツにかかる費用も職場持ちです。修理代を請求したって良いくらいです(しませんけど)。

交換用に選んだSSDはBUFFALOのSHD-NSUM128Gという機種でした。全く同じLate 2006のMB KUROをSSDに換装したichijo.noriさんに倣ってA-DATAのASINTS-80GM-CSAを…..と探したのですが、既に製造中止になっていて入手困難でした。仕方が無いので、BUFFALOとTranscendで比較検討したのですが、価格の安さでBUFFALOに決定したのでした。

当初希望の80GBを上回る容量になりましたから、予算をオーバーすることになりました。しかし壊れたHDDは160GBだったので、それを考えると、当然ながら128GBの方が良かったのでした。この選択は正解だったと思っています。やはり余裕のある方が落ち着きますから…..。

事前の情報収集とイメージトレーニング(要するに、仕事に煮詰まったときの逃避行動)、そしてなにより、MB KUROのアクセシビリティの良さのおかげで、換装自体は何の困難もなく、あっさりと済みました。以前、PowerBook G4のHDDを換装したときは、底部のケースを外すときや、本体とHDDを繋ぐコネクタを外すときに神経を使いました。それでも割にあっさり終わった方だと思っていましたが、今回はそれ以上に楽勝な交換となりました。

今後、同じように換装される方へ注意を促すと、SSD(もしくはHDD)の上下の向きだけはくれぐれもご注意下さい。さもないと、相当の解体修理が待ち構えていることになるそうです。

(つづく)

2008ONM093.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/12/ssd%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
SSD。 from memoranda

Home > 林檎電脳 > SSD。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top