Home > 写真機 > 隠れた嗜好。

隠れた嗜好。

2008ONM019.jpg

ひょんなことから、旧友と再会する機会に恵まれました。ここ10年ほどは賀状だけのやりとりだけが続いていました。互いに家族が増えつつあることを、賀状を通して知る間柄でした。どこかで気にかかりつつも、会えないままに時間だけが過ぎていました。これを機会に、再び接点が増えて行けばと思います。否、増えて行くに違いないという「確信」を持つことも出来たのでした(笑)。

彼の趣味がバードウォッチングであることは知っていました。穏やかで品が良く、その容貌からも、彼にはまったくふさわしい趣味に思えました。なにより彼は痩身で長身です。さぞや見晴らしも良かろうに違いない…..とは衆目の一致するところで、一緒に山歩きをしたわけでも無いのに、山中で双眼鏡を覗く彼の姿は、誰にも容易に見当がつくのでした。

バードウォッチング、いまでも続けているのか?と確かめたところ、変わらず続けていると彼は答えました。そのついでに、思いがけない告白を聞くことになりました。就職して以来、多少の小遣いが出来るようになって、本格的にカメラを始めた。月々に細々と「カメラ基金」を蓄え、最初に手に入れたのがF3HP、その後、ノーマルF3にも食指が伸び、バードウォッチングなのだから当然の如く長玉嗜好…..。

ところが数年前、ドイツ旅行をした折、偶然試用したRollei 35Sの魅力に取り憑かれ、気が付けば4台のRollei 35シリーズのオーナーになっていると言うのです。いまでもその泥沼に居心地良く浸かっており、シンガポール産やドイツ産、記念モデル系も射程にあり…..などと白状するのでした。

写真とカメラ、なによりF3HPにRollei 35と聞いて、私が大喜びしたことは言うまでもありません。つまり、二人ともお金の無い学生時代の友人なので、そんな隠れた嗜好をもっていたことなど、お互いに知る由も無く過ごしていたわけです。それがこうして時を隔て、多少の小金を手に入れるようになって以来、悪い虫に取り憑かれ、その取り憑かれた虫が同じ類であったことに、手に手を取って喜びを分かち合ったのでした。

私も一時期、Rollei 35が気になって仕方のないときがありました。幸い、実機を手に入れる前にPen Sに魅了されたので、今のところは未遂に終わったままですが、彼のその言葉を聞いているウチに、またゾロ、不穏な思いが頭に重く垂れ籠めてくるのでした。「きっとPenより使いにくいはず…..」と、繰り返し繰り返し、自分自身に言い聞かせているのです。その傍らで「時間の問題」というささやきも聞こえて困るのです(笑)。

2008ONM018.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/10/%e9%9a%a0%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%97%9c%e5%a5%bd%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
隠れた嗜好。 from memoranda

Home > 写真機 > 隠れた嗜好。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top