Home > 家族 > 続 従妹の結婚。

続 従妹の結婚。

2008ONM023.jpg

慌てて表に出て、車の方に向かってみると、案の定、従妹が車の中で大泣きしているのでした。助けるつもりで駆け寄った私を見てさえ、当時わずか3歳の彼女には怪物に見えたのでしょう。鬼にでも出くわしたかのように叫び声がいっそう激しさを増し、助けを求めて叩いていた後部座席の窓から奥の方へ逃げ込んでしまう始末でした。何故、置き去りにされているかも判らず、しかも久しぶりに見る従兄の顔など、彼女が憶えているはずもありません。

とは言え、私としても助け出さないわけにも行かず、幸いロックのかかっていなかったドアを開け、彼女の名前を呼びながら抱き寄せたのでした。むろん、最初は抵抗しましたが、名前を呼びかけてやることで、ようやく味方らしいと判ってくれたらしく、おとなしく抱きあげられることを承知してくれたのでした。

そうして泣きじゃくる彼女を抱え、家の中に入りました。両親と叔父夫婦は談笑中で、しかも窓を閉め切ってテレビをつけていたために、彼女の悲痛な叫びにはまったく気が付いていなかったのでした。おまけに叔父など「熟睡していたから、起こすのが可哀相だった」と言い訳する始末です。いずれにせよ、叔父夫婦と私たち家族の笑い声に囲まれて、彼女の抗議の泣き声は、さらに激しさを増したのでした。間違いなく、今日の彼女に見えないトラウマを与えた何かになったはずです(笑)。

ほかにも、こんなことがありました。暮れを控えた冬休み、叔父夫婦の家に遊びに行ったときのことです。叔父とその長女が買い物に出かけたまま、日が暮れてもなかなか帰って来ないことがありました。いつもは車で出かけるはずが、その日に限って、二人して自転車で出かけたのでした。

なかなか帰ってこない二人のことが、従妹はよほど心配だったらしく、「まだ帰って来ないよ…..」と繰り返し、しまいにはとうとう泣き出してしまったのでした。彼女が4〜5歳の頃のことでした。炬燵の隅で、うつむいたまま涙をポロポロこぼしながら泣きじゃくっていた姿を、まるで昨日のことのように思い出します。

そんな気弱な従妹は、このたび結婚するまでの間、とうとう実家を離れることはありませんでした。通っていた大学と、その後に就職した勤め先に通うため利用していたJRの駅は、尋常ならざるカメラマニアであるところの我が父も使っていた駅でした。

時折、その駅で彼女と出会うことを、父はとても楽しみにしていました。また彼女の方も父を慕ってくれていたようでした。「子ども」と言えば、むさ苦しい息子二人しか経験のない父にとって、従妹はまさに可愛い娘も同然だったことでしょう。従妹の結婚に意気消沈しているのは、叔父ではなく、むしろ我が父の方かもしれません。

(つづく)

2008ONM022.jpg

Comments:2

omote 09-10-09 (Fri) 12:53

mbさん、ひょっとして体調を崩されているのではないでしょうか。新型インフルエンザがすぐそこに迫っていますので、お大事になさってください。

エントリを読んでいて、ふと自分が3歳の頃に山に捨てられたのを思い出しました。泣きながら山を下っていった先に、父親の車が止まっていたのですが、男の意地(?)なのかなんだったのか今となってはわかりませんが、立ち止まらずに車を通り過ぎて走り続けたのでした。背後から聞こえた「どこに行く」という父の声を今でも鮮明に覚えています。

mb 09-10-10 (Sat) 11:48

omoteさん、ご心配いただき、ありがとうございます。いささか仕事が立て込んでいてバタバタしていますが、至って元気に過ごしています。omoteさんの方こそ、くれぐれもご自愛下さい。決して無理をなさいませんように。

前後の事情が判らないので、「捨てられた」というフレーズに戸惑っています(困)。何か叱られたと言うことだったのでしょうか?
3歳とはいえ、強烈な体験は記憶の中に焼き付くものですね。私の場合、溺れかけたことが2回あり、1回は母方の祖父に、もう1回は父に助けられた瞬間のことを憶えています。
従妹がこのときのことを憶えてくれているかどうか、そう言えば、確かめたことがありませんでした。いずれ良いことではありませんから、忘れてくれている方が良いかもしれません(笑)。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/10/%e7%b6%9a-%e5%be%93%e5%a6%b9%e3%81%ae%e7%b5%90%e5%a9%9a%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 従妹の結婚。 from memoranda

Home > 家族 > 続 従妹の結婚。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top