Home > 写真機 > 物欲のバブル。

物欲のバブル。

2008ONM043.jpg

日帰り東京出張に行ってきました。出発前は物欲満々だった私です。昼休憩を含む3時間の「自由時間」をフルに活用するつもりでした。誰にも負けないほど「散財するぞ!!」との決意を固めていました。まずは中野方面に挨拶をします。返す刀で、中央線と山手線とが最初に交わる極点を徘徊し、再び中央線で数寄屋橋…..などと、3時間もあれば余裕で行き来できるルートをシミュレーションしていました。しかし、それもこれも羽田空港に着陸するまでのことでした。

そうです。すっかり忘れていたのです。台風が近付いていたことを。そしてなにより、私自身が「肝心なときの雨男」であったことを…..。たしかに、平生に比べて飛行機の揺れは激しいな…..と思いました。しかし、そのときにはまるで気が付いていませんでした。羽田空港に降り立って、窓に付く雨滴を見て、初めて我が身の運命を呪ったのでした。

これはいけません。少々の雨なら濡れても平気な私でも、この降り方は行けません。何処にも行く気がしなくなるのです。そして用が済んだらサッサと家に帰りたくなるのです。そしてウチの布団にくるまって眠りたくなるのです。

あれほど膨らんでいたはずの物欲が…..45mm F2.8P(BK)が、ガンガン使えるF3が、もしかしてF6が、そしてどこかでウッカリ売れ残った80枚の紙ジャケ(こちら)が、あるいはとっくにボロボロになっていた名刺入とペンケースの買い換えと、あわよくばその中に納まるはずのプロフィット・レアロ…..。

降りしきる雨を前にして、自分でも面白いくらい、私の物欲はみるみるしぼんで行ったのでした。「無くてもイイや」とか「今じゃなきゃいけない理由が何処にある?」とか「どうしても必要か?」とか「やっぱり縁が無かったんだ」とか「手に入れても、さほど嬉しくなるワケじゃないよな」とか「本当の喜びはもっと別なところにあるよな」とか「買わなきゃいけないものは他にあるよな」とか……(笑)。

急激に膨らみすぎて、パチンと弾けた物欲という名のバブル。その反動は大きく、↑のような脳内Twitterが延々とこだまするのでした。そうして何処にも挨拶に出向くことなく、東京駅地下街の喫茶店の一隅を占拠して、ぽっかり空いた3時間を過ごしたのでした。

ただ、ボンヤリ過ごしたわけではありません。前日に手に入れていた皆川達夫さんの『バロック音楽』(講談社学術文庫)を読んでいました。その明晰な文体に引き込まれました。カタカナが苦手なことを忘れさせてくれるくらいでした。もちろん、私の理解力はラフスケッチ程度にしか過ぎませんが、ようやくその方面への地図を手に入れた心地なのです。

物欲が弾けたおかげで、得るものもあったみたいです。ただ、ウチに居ても出来たことだよな…..と思うと、少し情けなくなりますが…..。

いささか、疲れました。今日は眠ることにします(笑)。

2008ONM039.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/10/%e7%89%a9%e6%ac%b2%e3%81%ae%e3%83%90%e3%83%96%e3%83%ab%e3%80%82-2.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
物欲のバブル。 from memoranda

Home > 写真機 > 物欲のバブル。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top