Home > 音楽 > 『音楽の泉』。

『音楽の泉』。

2008ONM038.jpg

世の中、便利になったものだなぁ…..と、つくづく感じます。先月1日、NHKが放映した『爆笑問題のニッポンの教養』。ゲストは教授でした。あの爆笑問題と教授がどんなふうに絡むのか(つまり、教授がどんな具合に絡まれてしまうのか)に興味津々でした。思いのほか和やかに進行する様子に、教授のファンとしてはホッと胸を撫で下ろしました。唯一、サザンの話題になったときは、少しヒヤヒヤしましたが(笑)。

番組は、教授が自前のMacBook Pro(15inch?)に詰め込んだ音楽を、爆笑問題のお2人に聞かせる形で進んでいました。その様子を見ただけで、MBPが欲しくなったのは内緒です。

折しも先日のAppleの新製品発表・リニューアル・価格改定では、Blu-ray搭載機の登場は無く、これを理由に購入を見送った方が多いようでした。私の場合、日常的にBlu-Rayを使うことはまず無いので、実は相当に心が揺れています。特にMBP 15inchは価格も下がり、おそらくは品質の安定した最後期のモデルでは無いかと。なによりノングレアのモニタが選べるのは嬉しいところです。

現在使っているのPowerBook G4 Titaniumは、アルミ筐体に移行する直前のモデルでした。つまりTitaniumの最後期モデルです。そのせいかどうかはともかく、この機械の安定性が素晴らしかったので、いつしか私の中では「フルモデルチェンジ直前の機種が、最も品質が安定している」と決めつけるようになったのです。先日来、私の中で昂騰している物欲はMBPの方も向いているのでした。

さて、いささか話が逸れました。

実はこの番組の冒頭、教授が爆笑問題のお2人に聴かせた曲は、13世紀の古楽でした。層のように折り重なる旋律の美しさを、教授は2人に語りました。私は慌てて近くにあった紙とボールペンを引き寄せ、字幕に表示された文字を転記していました。それが作曲者名なのか曲名なのかそれとも演奏者名なのか、まったく判らないまま、とにかく転記したのです。

ところが、そのメモをどこかに無くしてしまったのです。

13世紀の古楽に触れることなど、私の日常の何処を探しても有り得ないことです。こうした番組に出会うことで、はじめて知ることができるのです。なかでもバロックは大好きなので、体系的に聴いてみたいと常々思っているのですが、いかんせん、その糸口がつかめずにいるのです。作曲者から行くべきか、演奏者から集めるべきか、自分に肌合いの良いのはどれなのか、その入口で逡巡しているのです。なので、そのメモを無くしたことは大きな痛手だったのでした。

ところがふと、ダメモトで番組HP(こちら)を覗いたところ、この日の番組中に流された曲のリストが載せてあるのです(嬉)。興味のある方は、「過去放送記録」の「FILE083:台本のない音楽会」からどうぞ。

いやぁ…..まったく便利な世の中になったものです。

(つづく)

2008ONM044.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/10/%e3%80%8e%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e3%81%ae%e6%b3%89%e3%80%8f%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
『音楽の泉』。 from memoranda

Home > 音楽 > 『音楽の泉』。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top