Home > 光画 > 9月の写真。

9月の写真。

2008ONM015.jpg

“light with shadow”と”Flickr”に9月の写真をアップしました。よろしければお立ち寄り下さい。

無事に月末が迎えられて、少しホッとしています。先月、今月とペースダウンしてしまいましたが、ま、こんな時もあろうかと。気がかりなのは、続けることに力を入れすぎて、粗製濫造に陥っているのではないかという懸念…..。もとより、その自覚はあるのですが(苦笑)。

さて、遅まきながらお知らせがあります。実は昨年11月にGR21を手に入れてしまいました。苦節○年の貯金のタマモノ。携帯電話に手を出さなかったこと、法外に高すぎた一時期よりも、少しばかり中古価格が値下がりしてくれたおかげで、ようやく憧れの機械を手に入れることができたのでした(嬉)。

以前にも書いたことがありますが、私が常日頃お世話になっている同僚は、私が最初にGR1vを購った時、釣られてご自分もGRを購入されたのでした。しかし、そのとき同僚が購ったのはGR21。当時は現行機種でした。今日の中古価格などよりもはるかに安価で新品が買えたのです。

その同僚曰く、「高い方が良いのかと思って」GR1vではなく、GR21にしたのだとか。それに対して私は「21mmなんて、難しくて使えませんよ」と嗤ったのでした。つまり、当時は憧れの機械でも何でもなく、無駄に画角が広くて高額な機械としか思っておらず、まるで眼中に無かったのでした。それがいつの間にか垂涎の機械になってしまったのは、森山さんの愛機だと知ったからにほかなりませんでした。

数年の時を経て、ようやく手に入れた(しかも、いつのまにか「憧れ」になっていた)機械です。おかげで機械に対する物欲は、昨年以来、大きくトーンダウンしています。あとはこのまま、Leicaなんぞに興味を覚えない私でありつづけられることを祈るばかりです。ただし、相変わらずF6は怪しい…..。

そのGR21による写真の順番が回ってきたのが、ようやく先月半ばあたりからのこと…..。撮ったのは今年の3月、出張で訪ねた広島県尾道市です。その後、鞆の浦から名古屋市に移る予定ですが、本当にいつのことになることやら…..。年内は無理かもしれません。いずれにせよ、これからしばらくの間は、使い始めたばかりのGR21の写真が並びます。

それにしても、21mmって難しい。本当に、泣きそうです(泣)。

2008ONM014.jpg

Comments:5

omote 09-09-30 (Wed) 22:44

なんとっGR21ですか。あぁ~、ものすごくうらやましいです。でも、なんだかmbさんにはとても似合っているように思いますし、全く知らない人が購入した場合と違って、mbさんが購入されたというのは自分が手に入れたわけでもないのに妙にうれしいものですね。
私は、mbさんの写真をみて満足するようにしたいと思います。尾道も鞆の浦も自分もたまに撮る場所ですので、期待しています~。

F6は…(^-^)

SORA 09-10-01 (Thu) 17:46

毎月コンスタントに撮られているので感心していたのですが、実際は半年くらい遅れてるのですね。
ただこうやって少し時間を置いてから出す方が客観的に振り返ることができて良いように思えます。
撮った写真をすぐ出したがるのはデジカメの悪い癖でしょうか・・(^^;

やっぱりGR21手にされていたのですね。このパース感はどうみても28mmじゃないなと感じていました。
私は21mmはおろか、24mmもなかなか使いこなせません。どうしても捉えどころのない写真になってしまいます。
自分には35mmが一番合ってるようなのですが、無理して24mm一本で通してみるのも良いトレーニングかなと思ってます。

私がデジカメ物欲をかろうじて抑えられているのは「永遠の愛機」である銀塩カメラを多数所有しているからに他なりません。
フィルムが安泰なうちはそれで何とかしのげるのですが、いずれ絶滅したときのことを考えると空恐ろしくなってきます。
一度手を出したら最後、毎年買い換えというフィルム代よりはるかに高い地獄が待っている気がしてなりません・・(^^;

mb 09-10-01 (Thu) 23:06

>omoteさん
はい。苦節○年、やっと手に入れることができました。あれほど同僚のことを嗤った私だったのに、掌を返した如く…..なので、恥ずかしくて未だに同僚には言っていません(笑)。
尾道と鞆の浦、このときが初めての訪問でした。幸い、時間にゆとりのある出張でしたので、存分に街を歩き、およそ観光コースとは懸け離れたところばかりを散策していました。本当に楽しかったなぁ……。時折訪ねられるとのことですから、あるいはomoteさんがカメラを向けられた場所も写しているかと思います。そのときはお知らせ下さい。

>SORAさん
さすがにバレていましたか(苦笑)。たしかに、flickrに並べてみて、明らかにいままでとは違う画角であったことに気が付きました。
実は、私が初めてカメラを購ったとき、それはF3+50mm f1.4sでした。その次に手に入れたのは24mm f2sだったのです。理由は好きな作家の安部公房が、CONTAX RTSにDistagon 25mmだと知っていたので、それに近い焦点距離のNikkorと決めていたのでした。いまでもこの24mmは、大好きなレンズです。ただ、巧く使いこなせていませんが…..。
このブログに掲載している写真なのですが、”About”にも書いたとおり、撮ったコマを捨てずに、ほぼその順番で載せるようにしているので、どうしても撮影時と掲載時のラグが開くいっぽうなのでした。少しは選んで載せるべきなのかもしれないのですが、それを始めると載せることを躊躇してしまい、載せられる写真が無くなってしまうことと、よしんばどれかに決められたとして、そうなるとあっという間にストックが無くなってしまうので、撮ったコマは分け隔て無く載せることにしています。とっても博愛主義者です(泣)。
それにしても、「多数」お持ちという銀塩カメラが気になります(笑)。「買い換え地獄」は、本当にその通りですね。多くの人がそのことに気が付いて頂きたいものですが…..

io 09-10-03 (Sat) 1:26

とうとう吐露されましたな、GR21(笑)こんにちは、ioです。

自分のことをさておいて言うのもなんなんですが、21mmってあんまり構えないほうが「21mm画角は難しい、手に負えない」から解放されると思うのですが。僕はそれを考えちゃうと多分まったく写真が撮れなくなってしまうと思っているので、GR21もLOMOもT3も何でもかんでもいっしょに考えちゃってます。

厳しい方々には非難囂々でしょうが、そういった心持ちでいいんじゃないでしょうか。

かくいう僕のGR21は素っ裸のまま通勤用のメッセンジャーバッグの中に放り込まれています。ははは。

mb 09-10-03 (Sat) 23:44

ioさん、こんばんは。
はい、とうとう暴露しちゃいました(恥)。
サイドバーの”flickr”を見ると、「超広角初心者写真」のオンパレードで恥ずかしくなります。なんとかしなきゃ…..と思いつつも、おっしゃるとおり、構えず考えず、とりあえずフレームに納まってくれさえすれば良い…..ってな具合にアバウトな方が良いかもしれませんね。とにかく、たくさん撮ってみることにします。

しかし、剥き出しのまま鞄の中は、絶対に出来ないなぁ……。なにしろ、MC付で専用ケースに入れているくらい過保護ですから(笑)。ラフな使い方こそふさわしいことは判っています。しかし、それができるためには、保存用のもう1台が必要です。密かに、件の同僚のものを狙っているのですが…..。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/09/%ef%bc%99%e6%9c%88%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%82-5.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
9月の写真。 from memoranda

Home > 光画 > 9月の写真。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top