Home > 光画 | 自転車 > 4月の写真。

4月の写真。

2007NARUTO017.jpg

“light with shadow”と”Flickr”に4月の写真をアップしました。よろしければお立ち寄り下さい。

ようやく、暖かさが戻って来ました。職場への行き帰りも、適度に気温が下がっていて、自転車通勤には最高の季節です。ペダルを漕ぐ脚も、自然と軽くなるというものです(嬉)。

さて、その自転車…..愛車LOUIS GARNEAU LGS-TR1ですが、そろそろタイヤを交換しようかなぁ…..と思っています。2005年に購入したので、かれこれ4年になります。その間、いちども換えていませんから、経年変化に伴うゴムの硬化もあろうかと思うのです。

手元に当時のカタログが無いので判りませんが、おそらく700×35Cというタイプです。これを700×25Cに換えられないものかと画策中なのです。LGS-TR1にはフロントサスが付いていますから、細身のタイヤはデザインを損ねるかも知れないという懸念もあります。

また、どのくらい安全が損なわれるかも気がかりです。基本的に歩道ばかりを走っていますから、ちょっとした段差が至る所にあります。その段差に耐えられるのが、いったいどの程度のサイズまでなのか、まるで見当が付かないのです。しかし、もしデザイン的に異和感が無く、安全性も耐久性もそこそこに保証されるなら、思い切って換えてみようかと。

それによって、車重がどの程度、軽くなるのか判りませんが、エレベータ無しの5Fまで担いで上がるには、現状の13.9kgは、やはり重たくて仕方が無いのでした。乗っている時よりも、担いで上がる時の方が、体力を消耗しているくらいです(苦笑)。

白状すると、今年の冬は、あまりの重さと寒さのために、ついついサボりがちになってしまって、この集合住宅の駐輪場に停めるクセが付いてしまいました。いやぁ…..大気の力は恐ろしいです。あっという間に錆が浮き、埃にまみれてしまいました。それまで室内に保管していた時は、何年経っても新品のように綺麗だったのですが、いまや見るも無惨な状況に…..。それもこれも、この車重のせいに違いないと、怠惰な我が身を棚上げして、少しでも軽くしようと目論んでいるのでした。

無論、本音を言えば新車への買い換えなのですが、せっかく機嫌良く動いてくれているものを捨てる気にはなれません。錆は磨けば落ちるでしょうし、タイヤをゴッソリ換えてしまえば、スポークに浮いた錆も無くなるわけで…..。

などと言いつつ、同じLOUIS GARNEUのLGS-RSR3が気になったりもしているのでした。なにしろ、10kgを切る車重は魅力的…..。「物欲退散!!」と、祝詞を上げずにはいられません(苦笑)。

2007NARUTO015.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/04/%ef%bc%94%e6%9c%88%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%82-4.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
4月の写真。 from memoranda

Home > 光画 | 自転車 > 4月の写真。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top