Home > 思惟 > 不埒な奴。

不埒な奴。

  • April 29th, 2009 (Wed) 22:24
  • 思惟

2007NARUTO016.jpg

およそ「同窓会」というものに出席したことがありません。もちろん、今日まで付き合いのある友人と、個人的な再会を果たすことはありますが、かつての担任の先生を囲んで…..といった会に出たことは皆無です。転校の繰り返しで音信不通になったことも理由ですが、仮にそんな誘いが届いても、これまでは進んで腰を上げようとはしていませんでした。

ところがここ最近、もしそんな機会に恵まれたら、すこしだけでも覗いてみようかな…..と思っている私がいます。特に気になるのは、私と同い年の女性たちが、いったいどんな具合に歳月を重ね、その容貌にどんな変化を刻んでいるのか、それとも(いまのところ)なんら変わらないままで居るのか、見てみたい気がするのです。

女性からすれば、なんとも不埒な関心を持つ奴だと思われるかも知れません。たしかに、その通りです(笑)。しかし、私は常日頃、女性の年齢たるものに、皆目見当がつかないのです。同じ職場にも女性は居ます。しかし、その人の年齢を知ることは、まずありません。ましてや面と向かって聞くことも出来ません。

そうして間接的にその年齢を知ったとき、たとえば私より5歳以上も年嵩だったり、あるいは30代の入口だったりして、大いに驚かされるのです。つまり、私の歳をはさんで前後3年の間に収まるだろうと見当を付けた方は、著しく歳上だったり、逆に著しく歳下だったりするのです。稀に同い年の女性に出会うこともありますが、その方の10代や20代を知っているわけでもないので、「変化」を知るには基本情報が欠けるのです。

今年復活したというリンドバーグのボーカル、渡瀬マキさんは、私と同い年のようです。20年前の映像と、現在の渡瀬さんが横並びに映される映像を眺めていると、「なるほど、こんな具合に変わるのか…..」と思わずにはいられません。そう言えば当時、「ボーイッシュな女の子」をめざしていた同級生は、軒並み髪を短く刈り、トレーナーをジーパンの中に入れていた気がします。

しかし、私にとっての渡瀬さんは、リンドバーグ以前…..たしかフジテレビの「おもしろニッポン、なっとく歴史館!!」のレギュラー解答者でした。鬱々と引きこもり、ダラダラとテレビばかり観ていた学生時代の思い出です。フェミニンな装いに似つかわしくない三重弁が印象的でした。特にファンだったわけではありませんが、クリクリとした瞳を可愛らしく思っていました(同い年とは知らずに)。

そうかぁ…..こんな具合に変わるのかぁ…..。

(つづく)

2007NARUTO011.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/04/%e4%b8%8d%e5%9f%92%e3%81%aa%e5%a5%b4%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
不埒な奴。 from memoranda

Home > 思惟 > 不埒な奴。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top