Home > 光画 > そぼ降る雨の日(1)。

そぼ降る雨の日(1)。

2007FUKUI008.jpg

昨夜のハイビジョン特集、今月19日のお昼に再放送されるようです。また明後日にはETV特集で、タイトルこそ違うものの、おそらく同内容で放映されるのではないかと思います。出来ればわずかでも構成が違っていると嬉しいのですが…..。いずれにしても、私は嬉しくて仕方ありませんでした(嬉)。

先程、散歩道さんに頂いたコメントへの返信にも書いたのですが、これ以上はネタバレになりますから、来週以降のところで、感想なりと書いてみたいと思っています。

それにしても、これまで森山さんの写真と著書しかご存知なかった方が、初めて映像の中の森山さんを観たとき、いったいどのような感想をお持ちになるのか、とても興味があります。

かくいう私は、その写真よりも著書よりも先に、ご本人の講演を伺って、森山さんを知ることになったのでした。そぼ降る雨の日でした。もう何年も昔のことです。この土地には珍しく、高名な写真家さんが美術館に講演に来ると聞いていました。当時、F3を手にした頃でしたから、モノは試し、聞きに行ってみるか…..と、出不精の私には珍しく、重い腰を上げたのでした。

ところがふだんはガラガラのはずの駐車場が、ほとんど満車の状態でした。それを見ても、私は「何かあるのかな?」と思ったくらいでした。つまり、森山さんの来訪と、満車に近い駐車場とが、頭の中でまったく結びついていなかったのです。

会場に近づくと、展示を告知する巨大なポスターがあちこちにありました。私は「失敗した」と思いました。こんなに荒々しい写真を撮る人です。きっと生意気に違いなく、えらそげに話すんだろうな…..としか思えませんでした。そもそも、何歳くらいの方なのか、まったく知りませんでした。それでもせっかく来たのだから、とりあえず入ってみよう、イヤになれば途中でそそくさと逃げ出せば良い…..そんなふうに思っていたのです。

ところが会場のホールに入ってみるや、それこそ立錐の余地も無いくらいでした。階段状に配された座席は無論満席です。後ろの出入口にはびっしりと立見客。ホール内の三本の通路はおろか、ステージと最前列席のわずかな場所にまで、多くの人が膝を抱えて座っています。この土地で、これほど多くの人の集まりを観たのは、後にも先にも初めてのことだったかも知れません。

ここに至って、私はようやく、満杯の駐車場の意味を理解することになったのです。

(つづく)

2007FUKUI009.jpg

Comments:3

ありま秀丞 09-03-16 (Mon) 12:30

録画してブルーレイに保存しました。こういう番組をやってくれるなら、受信料は喜んで払いますよ(笑)

mb 09-03-16 (Mon) 18:33

秀丞さん、こんばんは。
やっぱり、保存版ですよね(笑)。BShiの方は、職場のテレビで観ることが出来たのですが、録画は実家の老親に頼みました。うまくできているかどうか…..。ちなみに、昨日のETV特集も。
構成がずいぶん違っていて感激でした(笑)。

hiro 09-03-16 (Mon) 19:39

え…ETV特集…おわっちゃったのですか…?!しまったぁ…(泣)

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/03/%e3%81%9d%e3%81%bc%e9%99%8d%e3%82%8b%e9%9b%a8%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
そぼ降る雨の日(1)。 from memoranda

Home > 光画 > そぼ降る雨の日(1)。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top