Home > 林檎電脳 > 山田。

山田。

2008KRSK031.jpg

Wordpressに移行して以来、気になるプラグインを導入しては、その機能に感動しています。聞くところでは、いわゆる「食い合わせ」もあるようで、無闇矢鱈と放り込むのは良くないようですし、「機能拡張」だけでなく、通常の仕様で解消できない不具合を埋め合わせる「パッチワーク的要素」も強いので、導入には慎重になってしまいます。

とは言え、いまのところは不具合もなく動いているので、さしあたり問題は無さそうです。ホッとしています。数えてみると、16個のプラグインを導入していました。そのうちのいくつかをご紹介すると、

Content with show/hide javascript for “more”
→本文の「追記」部分を表示/非表示してくれます。”Continue reading….”をクリックするとページ遷移なしに、その場で追記を表示してくれるので重宝しています。

Redirection
→WP移行後にfeedのURLが変わって困っていました。MT時代のfeedアドレスをWPのfeedにリダイレクトしてくれます。要設定。

Simple Tags
→いちどやってみたかった”Tag”。あらかじめキーワードを設定すると、過去記事に遡って自動的にタグを抽出してくれます。とっても便利。

wp-mosquito
→”Sitemap”に掲載の過去記事一覧は、これで作りました。最高です。

もちろん、ただ放り込むだけでは機能しないので、どれも事後の設定が不可欠なのですが、ネット上にはいくつも親切な情報がありますから、素人の私でも、どうかこうか動かすことが出来るのでした(中で何が起こっているのか皆目見当もつきませんが…..)。

そんななか、いつもお世話になっているioさんに、今日は素晴らしいプラグインを教えて頂きました。Wordpress日本語版の日付を英語表記にしてくれるプラグイン、“Wordpress EnglishDate ver0.2″です。

WP導入当初から、日付に日本語と英語が混在することが許せませんでした(かなり本気で)。管理画面でカスタム仕様に変更しても、またテーマの*.phpをいじっても、「2月 2nd, 2009」という表記になるのです。おかげで、テーマの第一候補だった”Journalist”を諦めて、Vicunaを採用したと言っても良いくらいです。

無論、ネットであれこれ検索したのですが、私に出来そうな唯一の解決策は、Wordpress日本語版ではなく、英語版を使うことでした。使いやすいと評判のWPの敷居を、一気に引き上げてしまう愚行です。さすがにできません。なので日付表記はVicunaの”2009-02-02 (月)”で満足することにしていました。それを一気に解決してくれたのが、上記のプラグインです。

ただし、これもプラグインを導入しただけでは解決しませんでした。私の場合は、WP管理画面で日付表記をカスタム仕様にして、さらにVicunaのテンプレートのindex.php、pages.php、archives.php、single.phpのなかにある日付表記を’Y-m-d’から’F jS, Y’に変更しました。仕掛けさえ判ってしまえばこれほど楽なことはありません。ようやく、ひとつの懸案が片付いたのでした。

それにしても、ioさんの情報収集能力の高さには、本当に頭が下がります。軽率な私の発言が、却ってioさんに無用の手数をかけてしまいました。本当にすみません…..。でも、ありがとうございました。

(ただ、一難去って、また一難。ioさんのところもそうなのですが、月別アーカイブの表記を見ると、「2009年 February」となってしまうのでした。うぬぅ〜…..どこまでもしつこい…..)

(つづく)

2008KRSK031-1.jpg

Comments:4

io 09-02-04 (Wed) 16:30

えっと、mbさん。サイドバーまでお気づきになるとは(笑)気づいてしまったのですね。えっとですね、このままvicuna(これはすばらしいテンプレートですね!)をお使いになるのならかまわないのですけど、近い将来懸念の件が解決してjournalistを使いたくなった時のために、解決策を探してみました。で、結果。ありました。

ちょっと面倒なのですけどご説明します。
1)wp-content/languagesフォルダの中にja.poというファイルがあるのでそれをローカル側にダウンロードします。このファイルはエディタでは書き換えられませんから、poeditを使用します。
http://www.poedit.net/download.php

2)poeditでローカルにダウンロードしたja.poファイルを修正していきます。「年」という部分を消し表示を英語表示に近づけます。

3)上書き保存でもいいのですが、オリジナルはとっておいて、違う場所にja.poを保存します。自然にja.moも派生されます。

4)サーバー側に新しいファイルをアップロードします。それで気になる部分は修正されているはずです。

ちと面倒ですけど結局それがベーシックな方法だと僕もわかりました。試してみてください。

mb 09-02-04 (Wed) 18:39

うわぁあ……ioさん、何度もお手数をおかけしてすみませんでした。
出来ました!! ioさんのおかげで、ここ最近に抱えていた懸案が、あっという間に消えて行きました。お忙しいところ、余計なお手間をかけさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

「ja.poかな….」と見当は付けていたのですが、Vicunaのテンプレートのフォルダにあるja.poばかりを見ていました。しかも、FTPソフト上のエディタで修正していました。poeditを知らなかったのです(恥)。まさか、wp-contentのlanguageフォルダにあるja.poだったとは……。

修正したのは、9447行目の下記の1箇所だけです。一発で解消しました。

「msgstr “%2$d 年 %1$s”」→「msgstr “%2$d %1$s”」

レジストリを書き換えるようなドキドキ感でした。他に影響が及ばないことを祈るばかり…..。

本当にありがとうございました。いつも教えて頂くばかりですみません。この情報が、私と似たこだわりを持ち、しかも私と同じくらいスキルの無い方にとって、何時の日かお役に立つことを祈って…..。

io 09-02-04 (Wed) 21:11

mbさん。
お役に立てて何よりでした。というか、最近は僕自身あまりこういったことから遠ざかっていたということもあり、逆にリハビリみたいでありがたかったです。

本当はpixelpost込みでいろいろやりたいんです。けど、時間が…ってno excuseだよ、って声が自分自身の中から聞こえてきました。いけねぇ、いけねぇ。

mb 09-02-05 (Thu) 13:38

ioさん、このたびは本当にありがとうございました。
実はWPに移行するさい、無用のテンプレいじりは禁欲して、デフォルトを愉しもうと思っていました。しかし、結局は…..(苦笑)。無理もありません。Wordpress、愉し過ぎます。

ioさんのpixelpost、このうえどこに改良の余地が…..と思えるくらい、高い完成度だと思っていましたから、それをどのようになさるのか、とても興味のあるところです。
yamasakiさんやoguroさんをはじめとして、ブックを作る志向が芽生え、現実に動き出していることも興味深いですね。ここ最近、「「ブログ」という形態の次に来るもの」がなんなのか、漠然と気になっているのですが、そのひとつの方向性を示して頂いたような気がしています。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2009/02/1571.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
山田。 from memoranda

Home > 林檎電脳 > 山田。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top