Home > 家族 > 磁石。

磁石。

2008Asato033

霊感もなければ直感も無く、至って平々凡々に日々を過ごしています。しかし、そんななかでも、「ピタリと合う」と感じることが無いわけではありません。カメラを例にとれば、F3はまさしく「ピタリと合う」ものでした。万年筆なら、丸善+セーラーのセンチュリーがそれに当たります。

ほかにも人生の節目節目で、そうした感触を覚えることがありました。高校受験や大学受験の時など、受かった自信もないかわりに、落ちた気もしませんでした。たぶん、ここで勉強することになるのだろうな…..という、はなはだ根拠のない「錯覚」です。

初めての就職のために、この土地に面接で訪れた時もそうでした。着いたときは夜中でしたから、右も左も分かろうはずが無いのですが、面接を受けるよりも前に「きっとここで暮らすことになるのだろうな」という思いが、どこからともなくやってきました。それは好悪を超えたなにかでした。

人との関わりでも、似たようなことを思うことがあります。典型的にはカミさんです。もちろん、人並みに恋愛のプロセスを辿ってきたのでしょうが、「たぶん一緒になるだろうな」と、力むことなく思えたことは、私にとって幸いでした(もちろん、より正確には「拾われた」と言うべきところですが)。

この歳になると、他人様の就職に関わって、採る側として相対することも間々あります。最初は履歴書と対面するわけですが、ご本人と会ってみて、「長く付き合うことになるだろうな」と思える人と、「縁が無さそうだな」と思える人がいるものです。

もちろん、採否を決めるのは、あくまで上の方の仕事ですから、私の一過性の思いなど、何の関係も無いのですが、いまのところ、当たらずとも遠からずと言えそうです(その意味では、私の直感も人並みだと言うことでしょうか)。

(つづく)

2008Asato030

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/12/%e7%a3%81%e7%9f%b3%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
磁石。 from memoranda

Home > 家族 > 磁石。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top