Home > 思惟 > 守破離(9)。

守破離(9)。

  • September 21st, 2008 (Sun) 14:22
  • 思惟

2007Yskn023

「守破離」という言葉、ある人は武道の教えと説き、ある人は世阿弥の『風姿花伝』を取り上げています。結局、その出自が何処にあるかは判りませんでしたが、芸術であれ武道であれ学問であれ、凡そ仕事とはそうしたものではなかろうかと考えていた私にとって、「守破離」は、そんな漠然とした感覚に、明確な形を与えてくれたのでした。

「あらゆる前衛は、徹底したエピゴーネンからしか産まれ得ない」。こう書くと、いかにも保守的な大家の好む処世訓のように思えます。しかし一面では、それもまた事実かも知れません。もちろん、突然変異的、根無し草的、ゲリラ的な前衛もあるのでしょうが、単に「新しい」だけでは、一過性の流行廃り、体制に都合良くいじくりまわされ、消費されておしまい、ってなことも…..。

一個人の中で、守と破と離がめまぐるしく衝突を繰り返し、そこに生じるノイズがあたかも通奏低音のように伏流を始めるとき、その個人にとって「こうでしか有り得ない何か」が産まれるのかもしれません。それはおそらく「新しさ」と言った価値とは位相を異にする何かです。

作り手の「必然」が、受け手の「了解不能」を喚起するとき、両者を架橋するものは、いったい何なのでしょうか……。それは言葉であるような気もします。しかし、言葉によっては、決して架橋し得ない何かのようにも思えます。

「その方」は、件の書家を一方的に賞賛しているわけではありませんでした。むしろ、没後100年を祝ってもらえるほどの書家に成り得た背景を、その方は冷静に見詰めていました。つまり、その書家の作品を買い集めた、とある実業家の存在です。

その実業家が活躍したのは、書家の没後のことだそうですから、直接の出会いは無いわけです。しかし、その実業家は、ありとあらゆる機会にその書家の作品を探し出し、金に糸目を付けずに買い漁って行ったとか。そうしたオピニオン・リーダーの存在が、件の書家を大家ならしめたとも言えるそうです。

そうした「資本の力業」が無ければ、「売れる」ということは有り得ないのかもしれません。もちろん、件の書家にとっては、まったくもって与り知らぬことでしょうから、あんがい、草葉の陰で嗤っているかもしれません。

「その方」は、「現在、存命の書家の中で、将来、その没後100年を祝ってもらえる者など、ただのひとりもいないだろう」と言います。その真意が何処にあるのか、私には判りませんが、「流派」とか「師範と弟子」とか「用いる道具」の隅々にまで、資本の論理が入り込み、一大企業と化した「道」の悲劇のことなのかもしれません。

なんとも夢のない話しになってしまいました(苦笑)。ただ、お金さえあれば、「新しさ」や「オリジナリティ」を(そして、その複製品を!!)いくらでも購えるご時世にあって、しかしなお、守破離の苦悩と真摯に向き合った作り手を探り当てるために、受け手としてできることは何なのか、もう少し考えてみたいと思うのでした。

(了)

2007Yskn022-1

Comments:4

M.Niijima 08-10-01 (Wed) 0:24

この「守破離」のシリーズはたいへん面白かったです。
ところで「風姿花伝」には、「守破離」の語そのものは記されていなかったような気がいたします。考え方の基のようなことが記されていたのかしら? ということで読み返してみたくなったのでした。

mb 08-10-02 (Thu) 13:10

M.Niijimaさん、返信が遅くなってすみませんでした。
白状すると、私は『風姿花伝』を読んだことが無いものですから、確たるところは判らないのです。ネットで調べたところ、『風姿花伝』に結びつける記述があったくらいで…..。
たしか、岩波文庫にありましたよね。やはりいちど、きちんと読んでおかなくては…..。

Vygotsky-leontiev-Luria 08-11-30 (Sun) 12:22

初めまして、守・破・離の精神を体得したく努力している者ですが、『風姿花伝』のなかにでは、「序・破・急」としております。読まないとわからないですよ。

mb 08-11-30 (Sun) 19:27

Vygotsky-leontiev-Luriaさん、はじめまして。コメント、ありがとうございました。
安易にネットの検索に頼ってしまいました。やはりいちど、きちんと読んでみなければいけませんね。「序・破・急」。漢字だけを眺めていると、「守・破・離」とずいぶん違うようですが、双方とも、相通ずるものがあるのでしょうか……。いずれ、この土地に生まれた者の基礎教養として、知っておきたいと思っています。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/09/%e5%ae%88%e7%a0%b4%e9%9b%a2%ef%bc%88%ef%bc%99%ef%bc%89%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
守破離(9)。 from memoranda

Home > 思惟 > 守破離(9)。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top