Home > 家族 > 家族の陰画。

家族の陰画。

2007Smz019

ここ半年ほどの間、まとまった形で写真を撮ることができていません。このブログの更新は、過去のストックで賄えていますし、未スキャンのフィルムも貯まっているので、さほど焦ってはいないのですが、そのこととは別に、心おきなく、せめて1日、街を撮り歩いてみたいなぁ…..という欲が昂じてきています。

もちろん、ちょくちょくとは撮っているのですが、たとえばフィルムを詰めてから1ヶ月以上もかかって撮り終わる場合など、そこに撮られた36コマの、そのあまりの一貫性の無さに、ついつい、スキャンにかける意欲をなくしてしまうのでした。

もちろん、残ったコマを消化するさい、被写体は家族である場合が多いのです。こうして、私の家族は、写真に撮られることは多くとも、気の毒なことに、陰画のまんま、放置されることが多いのでした。あまりと言えば、ひどい仕打ちです(苦笑)。

いっときは、居間に50mm f1.4sを付けたFAでも置いておいて、1日に1枚ずつ、カミさんや子どもだけを収めたフィルムを作ってみようかと思ったこともありました。しかし、朝の私はたいそう寝呆ています。朝食もそこそこに(むしろ、朝食を摂るほうが珍しいかも)、ほとんど遅刻間際の高校生のように出勤します。

また、仮に朝に余裕のある生活リズムに切り替えたとしても、ふだんから化粧っ気のないカミさんとは言え、朝っぱらからカメラを向ければ叱られます。たとえそれが、決して外に出ない写真であったとしても。

そして夜は帰宅が遅く、子どもも眠っていることが多いのです。なによりストロボを使うのは、どうにも性に合いません。結局、この計画も、3日と続いた試しは無いのでした。

なかなか撮り切れないフィルムの消化試合を、家族を相手にこなすことは、そろそろやめたほうが良いかも知れません。すこし、心を入れ替えてみようと思っているのでした。

2007Smz027

Comments:2

H.O 08-07-06 (Sun) 6:59

MBさんこんにちは。
僕もまったく写真が撮れていません。ストックの写真はあるのですがブログも更新できていません(^^;
今は、仕事漬けです(笑

そうそう以前コメントさせて頂こうと思っていてできなかったのですが、小学校の時確か低学年の頃に使った算数の教材に母親が丁寧に名前を一つ一つ書いてくれていたお話・・・
僕もまったく同じ境遇でしかもその当時の教材がカナダまで遥々やってきまして(母親が大事にしまってあり子供達が何かに使うんじゃないかと送ってくれて)実際に僕の子供達は、使っていないのですが、しみじみと眺める自分がいました。

MBさんのあの時のお話や時折自分と重なるお話は、いつも考え深いです(^^

mb 08-07-07 (Mon) 19:04

H.Oさん、いつもコメント頂き、ありがとうございます。ずいぶん、お忙しいようですね。写真を撮り歩けない辛さ、本当に良く判ります(笑)。
算数セットの件、憶えていて下さって、ありがとうございます。素晴らしいお母様ですね。きっと、大切にとっておられたんですね。しかも、カナダまで送って来られるとは……。そこまで思いやりのあるお母様のこと、羨ましく思います。
ウチの母親にも聞かせたい。ただ、私の場合、母がそうして書いてくれていたことを、綺麗サッパリ、忘れていたくらいですから、かえって逆ねじを喰らわされるのがオチなのですが(苦笑)。
お仕事、頑張って下さい。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/07/%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%81%ae%e9%99%b0%e7%94%bb%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
家族の陰画。 from memoranda

Home > 家族 > 家族の陰画。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top