Home > 写真機 > やり場のない欲(1)。

やり場のない欲(1)。

Pens07Tyo029

新しい自転車を買ったのは、2005年5月のことでした(参考記事はこちらとかこちら)。あれから3年が経ちます。この間、子どもも補助輪なしで自転車に乗れるようになり、いまでは10kmほどの遠乗りを一緒にできるようになりました。またガソリン代が高騰しているいま、日々の通勤に私のLGS-TR1は大活躍なのです。

通勤は片道5km程度ですから、たいした運動量ではありません。それでも真夏のこの季節、本当に気持ちの良い汗をかくことができます。自宅に着いた途端、噴き出るように汗がこぼれ、そのまま水風呂に直行するのは、なんとも気持ちの良いものです。

たまに車で通勤せざるを得ない時があります。そんな日は、終日、気持ち悪さを抱えてしまいます。つまり、かく汗の性質が、まるで違っているのです。ただのイメージに過ぎませんが、身体に溜まった毒素が、粘り着く汗とともに、いつまでも身体から抜けないような気がするのです。そんな日の終わりには、自転車に乗れる翌朝を心待ちに思うのです。

この3年、自転車は室内で管理していました。14.0kg近い車体を、階段で5階まで担ぎ上げるのは、なかなか骨の折れる仕事です。じっさい、片道5kmの道のりよりも、こちらの方を重労働に感じることが多いくらいです(苦笑)。

しかし、その甲斐あって、とても綺麗な状態を保っています。室外の自転車置場で3年も経過していれば、とっくにワイヤーの類を交換していなければならないでしょう。よしんば交換しなくて済んでいるとしても、錆は尋常ではないはずです。

それが今でも新品同様といっても良いくらいなのです。特別なメンテナンスをしていなくても、室内で管理すれば、ここまで長持ちできるのだ…..。私にとって、これは大きな発見でした。

(つづく)

Pens07Tyo002

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/07/%e3%82%84%e3%82%8a%e5%a0%b4%e3%81%ae%e3%81%aa%e3%81%84%e6%ac%b2%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
やり場のない欲(1)。 from memoranda

Home > 写真機 > やり場のない欲(1)。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top