Home > 光画 > こだわりの所以。

こだわりの所以。

2007Ishiyama061-1

昨日はグレン、今日はのぶちん。NHK教育で放映中の『知るを楽しむ』今月の『私のこだわり人物伝』(火)は、宮澤淳一さんによるグレン・グールドの紹介、『人生の歩き方』(水)は荒木経惟さんのインタビューです。

私自身にはちょうど良いのですが、どちらも入門的な色合いの強い番組なので、既に充分な知識を持ち合わせている方には、すこし物足りないかもしれませんね。

週1回・25分×4回のシリーズですから、単純に考えると100分の特番(実質90分程度?)を観ている計算になるわけです。ただ、時間を細切れにしてしまうせいか、100分という時間の割に、深まっている気がしないのは、すこしもったいないかもしれませんね。

『私のこだわり人物伝』の場合、解説者のトークに時間を費やすよりも、当人の映像資料をナレーションで淡々と見せて欲しいと思うことがあります。逆に『人生の歩き方』の場合、中途半端な懐古的イメージ映像などは切り捨てて、もっともっと本人に喋らせて欲しいと思うこともあります。いずれにせよ、視聴者とは勝手なものですね(笑)。

とは言え、『私のこだわり人物伝』では、取り上げられる人物よりも、その人物を取り上げている「解説者」自身を「発見」することが、文字通り「知るを楽しむ」ことにつながった場合があります。優作さんの回におけるリリー・フランキーさんなどは、私にとって嬉しい発見の機会でした。

その意味では、昨日の宮澤淳一さんもそのひとり…..。不学な私は、昨日の番組で、初めて宮澤さんのことを知ったのでした。それはそれは、嬉しい発見で、さっそく、氏の『グレン・グールド論』を手に入れようとしているのでした。

さて、今夜は荒木経惟さんのインタビューです。楽しみ。いずれ、東松さんも森山さんも中平さんも……? あるいは、森山さんには『私のこだわり人物伝』で、安井仲治や小島一郎や井上青龍などのことを解説して頂くとか…..。

「定説」を単純にトレースしないことが、「こだわり」の「こだわり」たる所以です。森山さんへのインタビュー番組を作ることよりも、森山さんが「解説者」となることで、新たな森山さんを識ることができるのでは…..。う〜ん、考えただけゾクゾクします(喜)。

2007Ishiyama062-1

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/05/%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%89%80%e4%bb%a5%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
こだわりの所以。 from memoranda
pingback from memoranda - 記録・語る・ETV。 09-02-16 (Mon) 22:02

[...] ;。以前にも、「こだわりの所以」という記事(こちら)の中で、「森& [...]

Home > 光画 > こだわりの所以。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top