Home > 家族 > 折り返し地点。

折り返し地点。

  • April 1st, 2008 (Tue) 19:24
  • 家族

2007Ishiyama003

新しい年度になりました。寒の戻りのおかげで、他所に比べて遅れ気味でしたが、職場の桜もようやく七分咲きです。今日はエイプリルフールです。10年前に籍を入れた日でもあります。3月30日に身内だけのささやかな式を挙げ、一日おいて入籍したのは、私が四月馬鹿の入籍にこだわったからに他なりません。

後になって…..そしてこの10年間の経験で気が付いたことですが、挙式と入籍の日をズラすこと、しかもその間を1日空けることは、何かと都合の良いものでした。つまり、その年の忙しさ加減によって、どちらかを結婚記念日だと言い張れば良いわけです。

こちらを訪ねて下さる方のなかに、ご結婚を控えておいでの方には、是非ともお勧めしたい戦法です。決してインチキではありません。この時期の挙式なら、いずれ年度末と新年度を挟んでのことですから、忙しいに決まっています。入籍と挙式を別日にしていれば、「記念日」を空振りさせるリスクが多少なりとも分散するわけです。

などと言いながら、「もう10年かぁ」…..と思っています。結婚当初は、干支がひとまわりすることなど、考えもしませんでした。間違いなく、そして容赦なく、月日は流れているのだなぁ…..と。

流れた月日の割に、「10年」という数字が他人事のように思える理由……そのひとつは、結婚以来、住まいを変えていないからかもしれません。入居当時は築20年ほどだった我が集合住宅も、気が付けば築30年近くになるわけです。しかしその割に、傷みやガタつきを感じることが無いのです。要するに、もともと古びていたと言うことでしょう(苦笑)。

このさき、他所へ転居することがあったとしても、わざわざ築30年を越える建物を探して引っ越そうとは思わないはずです。しかし、他人からは「こんなところに誰が住んでいるんだろう?」と思わせる集合住宅も、私たちにとってはとても居心地の良い場所なのでした。

改めて、この先の10年を思います。大過なく過ごすことが出来たなら、子どもはますます「大人」になり、ひょっとすると私を見下ろす背丈になっているかもしれません。そうして大学への進学が近くなり、その翌年には、再び夫婦二人きりの生活に戻るわけです。

折り返し地点は過ぎたのです。楽しみでもあり、寂しくもあります。もちろん、寂しいのは子どもが親元を離れることを言ったのであって、カミさんと二人きりになることを言ったのではありません。念のため。

2007Ishiyama001

Comments:2

散歩道 08-04-01 (Tue) 21:18

■marmotbabyさん、
結婚記念日が2度ですね。
おめでとうございます、10年ですか。
あっという間だったのでしょうか、長かった様な短かった様な
子供が親元を離れ、カミさんと二人きりになる、これはこれで
楽しいものだと思いますよ。折り返したらあっという間の10年ですよ。
何はともあれ乾杯ですね。

mb 08-04-01 (Tue) 23:28

散歩道さん、早速のコメント、ありがとうございました。
あまりに私的すぎることですから、いささか気恥ずかしくもあるのですが、ここのところ、なにごとにつけ、「10年」という単位でモノを考え、またその速さに圧倒され…..ということを繰り返しています。
この先の10年も、きっと加速度的に進むのでしょうね。空恐ろしくもありますが、楽しみでもあります。
それより、ブログの新装、おめでとうございます!! このあとはそちらで…..。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/04/%e6%8a%98%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%81%97%e5%9c%b0%e7%82%b9%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
折り返し地点。 from memoranda

Home > 家族 > 折り返し地点。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top