Home > 家族 > 入学式。

入学式。

  • April 9th, 2008 (Wed) 22:02
  • 家族

2007Ishiyama017

タイトルそのままです(笑)。今日は息子の入学式でした。数日前に満開を迎えていた桜が、すこしずつ散りはじめていて、肌寒さのぶり返した入学式となりました。真新しい制服に身を包み、慣れない仕草でランドセルを背負っている彼を眺めながら、昨日までとは違う日々を始めなければなぁ…..と言い聞かせています。

幼稚園のとき、同じクラスになっていたり、同じ団地に暮らしている仲の良い友達は、ことごとく別のクラスになっていました(苦笑)。1学級あたり32〜34名の計5クラス。しかし、県内では有数の「大規模校」なのだそうです。

私が通っていた小学校は、1学級が40名近くで、1学年に8クラスもありました。蜂の巣校舎のマンモス校で、下の学年は年々、学級数が増えていました。

いまにして思えば、第二次ベビーブーム世代の就学と、その土地のベッドタウン化が重なっていたのでした。ですから、5年生になったとき、別の土地に新しい小学校が出来て、分かれることになったのでした。

そんな私が、息子の通う学校を見ると、なんとも丁度良い規模の学校だなぁ…..と思えて仕方がないのです(笑)。

それはともかく。

新設幼稚園の二期生として過ごした彼にとって、築30年を優に超える小学校の校舎は、とてつもなく古びて見えるようです。入学前から、「トイレにお化けが出るらしい」とか、「幽霊の部屋があるらしい」とか、戦々恐々だったのでした。

そのおかげでしょうか、先月の卒園式での、いささか礼儀を欠いた振る舞いは、すっかりと影を潜め、足をバタつかせることも、よそ見をすることもあまりなく、比較的おとなしくしていました。

親が「親」であるが故に、子どもに「してあげられないこと」は、実はたくさんあるはずです。そして親が「親」であるが故に、子どもに「してはならないこと」もまた、たくさん、たくさんあるはずです。

そうした一切合切を、先生や友達に委ねるのだなぁ……と。

「揉まれてこい。」といった心境なのでした(笑)。

2007Ishiyama014

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/04/%e5%85%a5%e5%ad%a6%e5%bc%8f%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
入学式。 from memoranda

Home > 家族 > 入学式。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top