Home > 自動車 > 続 愛着。

続 愛着。

2007Mi2881

ここ数年、春の年中行事となっているのですが、今年もまた、いつもお世話になっているディーラーさんに、車の買い換えをかなり強く勧められました(苦笑)。1997年に新車で購入して以来、丸11年が経ち、走行距離も、いつの間にか約105,000kmを越えていました。

タイミング・ベルトを交換しなければなりません。右リアのショックアブソーバーにオイル漏れの疑いがあるらしく、またエンジン・オイルの漏れがあるかもしれないようです。

その他、細かく観察していると、やはり年数相応の劣化が目に付きます。窓の周囲を巡っているラバーは、経年変化で弾力を失っています。シートベルトのリリースボタンが、押し込まれたまま戻ってこないこともあります。エアコンの設定を内循環にしていても、外気が入ってくることが多くなりました。

10年来の付き合いになる件のディーラーさんは、買い換えを進める理由を丁寧に説明してくれました。今年の5月に車検を通せば、なんだかんだで25万円はかかること。その額で、私の車よりも質の良い、同じ形式の中古車が楽に買えてしまうこと。仮にお金を払って悪いところをすべて治したとしても、その結果、バランスが崩れてしまい、車検後に不具合が発生する確率が高いこと。そして、そのような事例をこれまでにたくさん見てきたこと……。

要は、いま車検に25万円近くの大金を投じる価値は非常に希薄で、「安全」を考えれば無駄な投資……ドブにお金を捨てるようなものだと諭されたわけです(苦笑)。

プロのディーラーさんですから、その見立てや経験を疑うわけではありません。なにより「売らんがため」の、真綿で首を絞めるような脅しであろうはずがありません。そこに多少の嘘があろうとも、それは予測不能な未来に対する良心的な忠告として、真摯に受けとめるべきだろうと思いました。

(つづく)

2007Mi2901

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/03/%e7%b6%9a-%e6%84%9b%e7%9d%80%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 愛着。 from memoranda

Home > 自動車 > 続 愛着。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top