Home > 家族 > 続 卒園。

続 卒園。

  • March 18th, 2008 (Tue) 19:16
  • 家族

2007Mi2811

普段よりも遅めの昼食を摂り、紙ヤスリの補充のためにホームセンターに行きました。思いのほか接着剤が強力だったので、#60を2枚、仕上げ用に#120を1枚と#180を2枚、そして1L入りの柿渋を調達しました。この時点で、既に午後2時を回っていたと思います。

帰宅後にさっそく#60を試しました。これがまた嘘のように良く落ちる(笑)。#80での苦労は何だったのか?と思ったくらいです。子どもの積み木の円柱(高さ10cm×直径5cm)に巻き付けてヤスリがけをするのですが、かけた端から木目が顔を出してくれるようでした。

コップの跡浸み、ナイフがつけた傷、油性マジックやボールペンの跡など、取り切れないものは幾つもありましたし、純白の木地が顔を出すほどではありませんでしたが、それでも徐々に表面がなめらかになりました。

時折、顔を見せるカミさんの方が、作業をしている私よりも、その変化を目の当たりにできたようです。着実に綺麗になっていく様子を見て、いたく感動したようでした。おだてられると何にでも登る私ですから、自然、右腕にも力が入るというものです。「子どもとの愉しい共同作業」などという幻想は、とっくの昔に吹き飛んで、気が付けば、ひたすら私一人の作業になっていました。

しかし、次第に陽が傾き始めます。快晴の春とはいえ、夕刻には風もひんやりとしてきました。「今日はここまで」と、#180での仕上げと柿渋は次回に日延べすることにしました。20代には有り得なかった諦めの良さです。作業をとめてみて判ったのですが、右腕が痺れて仕方なかったのでした。

そうしていま、木地を出した平机が、自宅の一角に鎮座しています。抽斗部分の補修と柿渋塗りは、今月末にでも片付けるつもりです。抽斗部分は底板のベニヤを替え、70mm巾の取っ手をつけることが必要です。ベニヤはなんとかなりますが、取っ手のパーツが見当たらず、ここらあたりがホームセンターの限界かな…..と。建具屋さんか中古家具ショップを覗くしか手が無さそうです。

(つづく)

2007Mi2831

Comments:2

sam 08-03-18 (Tue) 20:51

Hey, great stuff again. Wonderful and creepy mood here. Great work MB !

mb 08-03-19 (Wed) 22:18

Dear sam!! Thank you for your kindful message. I will post large one at the end of this month. Don’t miss it!!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/03/%e7%b6%9a-%e5%8d%92%e5%9c%92%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 卒園。 from memoranda

Home > 家族 > 続 卒園。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top