Home > 思惟 > 節目。

節目。

  • February 1st, 2008 (Fri) 20:56
  • 思惟

2007Mi191

「直線的に数量が増えることは、時として、そして良きにつけ悪しきにつけ、劇的な質的変化をもたらす」という話しを聞いたことがあります。たとえばそれは、進化の過程での、人間と猿とを分かつ脳細胞の数であったり、あるいは人口であったりします。

車やパソコンや携帯電話、その保有台数の増加は、単に「持ってる人が増えました」という話しにとどまらず、その使い方やトラブルの中身も含めて、一定の数量を超えた途端に顕れる質の変化があります。

ところが、その「飛躍」が誰の目にも顕かな「変化」として降ってくれば、何か対処のしようもあるのでしょうが、多くの場合、その飛躍は密やかです。高さの違う河に船を渡すために、調整池(?)を設けた仕組みのことを何と言うのでしたっけ……。昔、学校で習ったはずなのですが、すっかり忘れてしまいました。

その調整池(?)くらい、体感できる変化であれば良いのですが、人の世の変化は……。「昨日のように今日があり、明日も今日のようにあるはずだ」という「過信」は、得てして「変化」に対する感応を麻痺させているようです。もちろん、その無自覚な過信のおかげで、「安心」して日常を過ごせるのですが……。

とは言え、いずれ「説明」とはいつも「後付け」のものなので、変化に対する自覚もまた、常に周回遅れでやってくるのです(笑)。

続けたことによって、変化に気付くこともあれば、かえって解らなくなることもあります。このブログに関して言えば、もっぱら後者の方が多いのですが、「事実」として見えたのは次のことでしょうか。

●「アクセス数を得るためには、頻繁に更新しなければならない」というのは、どうも違うようだ。
●しかし、「更新しなければ、アクセス数は確実に減る」というのは正しいようだ。
●交流の生まれた間柄でコメントを交わしあうのはとても楽しい。
●しかし一定の期間を過ぎると、「またお前か。」と思われるような気もするので、ついつい、気後れしてしまう。
●つまり、コメントをもらうのは嬉しいが、付けるのにはためらいを覚えてしまう。

まだ他にもあるような気もしますが、うまく言葉にできません。

ブログの開設者数もしくは件数というのは、いま、いったいどれくらいの数になるのでしょうか。いずれ膨大なのだろうとは思いますが、その「数量の変化」は、ここ数年の間に、どんな質の変化をもたらしたのでしょうね……。

「ブログの寿命」という言葉を聞いたことがあります。「ブログの次に来るもの」という言葉も聞いたことがあります。気になるのは、いまが盛りの真最中なのか、実は下火になりつつあるのか、それともとっくの昔に火は消えていて、燃えカスばかりが転がっているのか……ということでしょうか。

「百花繚乱」という言葉は、ひとつひとつの花を埋没させるためにある言葉のように思えます。もちろん、それで一向に構わないのですが、その数の多さ故に、必然に繋がるべき糸が、ほうぼうで断線しているのだとすれば、決して良いことではないかもしれません。

おかげさまで、このブログも、今日から4年目に入ることになりました。詰まるところ、その実態は「自己紹介ツール」に過ぎないブログを寄せ集めて「ブログ界」などと形容するつもりはありませんが、この仕組みが今後どのように変質して行くナニモノなのか、この先も眺めていたいと思っています。

いつも訪ねていただき、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

2007Mi176

Comments:2

M.Niijima 08-02-02 (Sat) 1:38

4周年突入、おめでとうございます。

船を昇降させる部分は閘室(こうしつ)、それを仕切るための堰または、水門を、閘門(こうもん)、ロックゲートと呼びます。閘室部も含めてシステム全体を閘門と呼んじゃっているようです。
東京にもございまして、(釣り船クラスの)船上では昇降をほとんど感じませんでした(船が大きくなればなおのこと?)。周囲を見て、ああ昇ってきた、と認識する程度。
いずれ拙ブログでアップする予定ですが、、、
プリントをまだしてません(^^;

mb 08-02-03 (Sun) 21:50

M.Niijimaさん、ありがとうございました。
謎を解いていただき、ありがとうございました。「閘室」「閘門」と言うのですか。教えていただいてもなお、いままで私の中に無い言葉でした。たしか、パナマ運河だか何かの授業で習った憶えもあるのですが、思い違いだったかも知れません(苦笑)。
始めたときは3年も続く気はしなかったのですが、いまでは、細々とでも……と思っています。Niijimaさんには、いつも気にかけていただき、本当に嬉しく思っています。これからもよろしくお願いします。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/02/%e7%af%80%e7%9b%ae%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
節目。 from memoranda

Home > 思惟 > 節目。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top