Home > 昔話 > 続 続 平机。

続 続 平机。

  • January 11th, 2008 (Fri) 23:13
  • 昔話

2007Mi142

そんなわけで、明日からの三連休に、この平机を修繕してみようと思っているのでした。もちろん、木製家具の修繕に、どんな道具が必要なのか、そしてどのような段取りが必要なのか、まったく知識はありません。

本来なら、すべての部材を解体し、それぞれを磨いたり補修したり、釘を新しくしたりなど、そこまで手を加えるのが「修繕」の本来かも知れません。ただ、そこまでの知識も経験もない私にできることは、せいぜい、表面にヤスリをかけ、ニスを塗ることしかなさそうです。

……と思っていたところ、明日からの三連休、これまでの晴天はどこへやら、雨と雪の三連休になるようです……。いつもいつも、こうなのです。せっかく意を決して慣れないことを始めようとしているのに、人の気勢を削ぐようなことばかりが、先回りしてやって来て……(苦笑)。

実を言うと実家には、私が、そして後には弟が使っていた片袖の学習机もあるのです。しかし、それを持ち帰ることは、まったく考えていませんでした。この平机にこだわったのは、当時小学校に入ったばかりの私に、父が与えてくれた記憶があったからです。

とは言え、当時の私がこの机を喜んでいたかというと、実際のところは、決してそうではありません。幾人かの友人が、立派な片袖机を持っていることを知るようになると、私にとってこの平机は、単にみすぼらしい「お古」以外のナニモノでもありませんでした。

いまのところ、この平机が自分のものになることを、息子はとても喜んでいます。「このつくえ、もらっていいの?!」「じゃあ、たからものはここへいれよう!!」などと、さっそく玩具置場にしています。しかし、彼のその「錯覚」も、小学校に上がってしまえば、きっと三ヶ月も持たないでしょう(笑)。

私は単に、自分の過去に在った事実を粉飾し、私自身、実際には嫌がっていたはずの出来事を、「物語」の力を借りて美しく仕立て上げ、それを我が息子に押し付けているだけかも知れません。

(つづく)

2007Mi147

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2008/01/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e5%b9%b3%e6%9c%ba%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 続 平机。 from memoranda

Home > 昔話 > 続 続 平机。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top