Home > 家族 > 続 適材適所。

続 適材適所。

  • December 24th, 2007 (Mon) 22:18
  • 家族

2007Mi129

息子は決してカミさんを起こそうとはしません。「おとうさん、おとうさん、起きてよ」とヒソヒソ声で耳元で囁きます。そうして私の布団を完全に剥ぎとって、叩き起こすのです。休日の早暁です。

仕方がないので台所に立ち、牛乳を暖めたり、パンを焼いたりして朝食の支度をします。下手をすれば、平日よりも早い朝御飯です(苦笑)。

なにより一番つらいのは、おそらく最も深い眠りを妨げられたこと…..。そして、それはすなわち朝食後、再び尋常ならざる睡魔に襲われることを意味します。むろん、ここには休日故の油断と誘惑が有ります。

幸いなことに、朝食の支度をしている間に、カミさんもたいていは起きてくれます。そうしてひとしきり朝食を終え、一息ついていると、案の定、睡魔が襲い、猛烈に布団が恋しくなるのでした。

そんなとき、彼が私に布団を勧めてくれることがありました。先月の休日の朝のことです。「おとうさん、眠いんじゃない? 寝てて良いよ。」と言うのです。叩き起こした張本人のくせに!などと思っていたのですが、睡魔は容赦なく私を襲います。

そうして再び布団に潜り込んだ直後、子どもがカミさんに囁いているのが聞こえたのでした。「おかあさん、うんち、行ってくる」と。

あとでカミさんから聞いたのですが、彼は私が家に居る間は、決してうんちに行こうとしないのだそうです。便座も降ろせるし、ケツも自分で拭けるのですが、私には徹底してトイレにこもっている自分を隠そうとしているらしいのでした。

私やカミさんの両親から観ても、彼は間違いなく父親っ子で、完全にベタベタなのですが、どういうわけか、この「排泄」に関する限り、決してその姿を私に見せようとはしないのです。

(つづく)

2007Mi088

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/12/%e7%b6%9a-%e9%81%a9%e6%9d%90%e9%81%a9%e6%89%80%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 適材適所。 from memoranda

Home > 家族 > 続 適材適所。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top