Home > 写真機 > カメラと自転車。

カメラと自転車。

2007Mi026-1

一昨日は立冬だったそうです。例年よりも暖かい晩秋のおかげで、自転車通勤には最高の季節です。週のうち、仕事でどうしても車が必要な日もあるのですが、極力、自転車に乗るように心がけています。

以前、ioさんから体調管理を勧められた9月以降、努めて自転車に乗るようにしています(詳細はこちら)。おまけに、このガソリン価格の高騰です。10年前にこちらに来たときと比べれば、「倍」とまでは言いませんが、それでも60円以上は上がっています。ゾッとします。

職場の暖房器具は集中管理になっているのですが、現在のところ、20℃の設定です。私の仕事場は北向きなので、日没後、急速に熱を失って行きます。思わずエアコンに手を伸ばすのですが、この時期の20℃の設定は、「暖房」では無く「冷房」を意味します。

そうして、個人的には「北向きに生きる。」とつぶやいたりしています。言うまでもないことですが「ひたむきに生きる」とかけているわけです。

地球温暖化をひとりひとりの心がけからストップをかけるということは、自宅と職場を自力で往復し、職場では袢纏を羽織って暖房を禁欲することなのだ、と言い聞かせようとしています。遠からず、そうした耐乏生活を余儀なくされる時が来るのでしょうか?

さて、それはともかく、自転車通勤です。本当に気持ちが良いです。私の自転車はLOUIS GARNEAU(ルイガノ)の LGS-TR1という、2005年のモデルです。購入の経緯はこちらです。気がつけば、2年以上の月日が流れていました。

屋外の自転車置場ではなく、室内で管理していました。2年以上経ったいまも、錆ひとつ無く綺麗です。ワイヤーの類も綺麗で、ほとんど調整すること無く、乗り続けています。野ざらしが、いかに自転車にとってダメージを与えていたか良く判りました。

前の記事では、「荷物を積載できないスポーティなママチャリ」などと、悪口とも取れる言い方をしてしまいましたが、本当に良い子です。唯一、不満があるとすれば、その重量(13.9kg)でしょうか。

私の場合、自室で管理するということは、集合住宅の5階まで持ち上がることを意味します。片道5kmの道のりよりも、その階段の方が厳しいのです。夏場など、私をいちばん汗だくにするのは階段の方なのです。

そう言うわけで、10kgを切る自転車が欲しいなぁ……と夢想しています。想像だけなら、タダですから。そうなると、いきおい本格的なロードバイクということになります。

とは言え、私の場合、スピードはまったく必要ありません。この土地の歩道は自転車と歩行者に対して、たいそう厳しく出来上がっていますし、だからといって車道を走る度胸も持ち合わせがありません。もっぱら、階段での負担を減らしたいだけなのです。

しかし、本格的なロードバイクなら、値段も一気に跳ね上がります。また、LGS-TR1にはフロントサスとシートサスが付いています。そんなものが付くはずもないロードバイクだと、相当に乗り心地は悪くなるんでしょうね……。

私がいつもお世話になっているブログのオーナーさんの中には、本格的に自転車と関わっている方が幾人もいらっしゃいます。カメラと自転車って親和性があるのでしょうか…..? 私自身の経験では、自転車に乗りながら、途中途中で立ち止まり、そしてシャッターを切ることなど、まず有り得ないのですが……。

しかし、その親和性は、そうした表面的なものではなく、もっともっと深いレベルのなにか、なのかもしれませんね。

2007Mi019

Comments:11

Shig 07-11-10 (Sat) 19:24

歩きながら写真を撮る感覚で自転車に乗りながら写真を撮ることは不可能です。私の場合、自転車の行動力を活かしてロケーションを探すのがメインになりますね。気に入ったエリアが見つかったら自転車を降りて歩き回ります。

HIROSHI 07-11-11 (Sun) 23:26

mbさん、こんばんは!
ボクも数年前に自転車通勤を始めてみたものの、あまりのキツさに仕事に支障をきたし、数ヶ月で止めてしまいました(笑)
10kmの峠道に近い道のりは、かなりのハードさでした。。。
しかしほんとガソリン代高いっすよね~!
まだ上がるみたいですし、年末に電動アシスト自転車を買って、妻と交互に通勤に使用しようかと話しています^^;
今度こそ続けないと・・・(笑)

mb 07-11-12 (Mon) 21:52

>Shigさん
やはり、Shigさんも同じでしたか。自転車に乗ってしまうと、目的地に辿り着くことが第一になってしまって、途中を愉しむことが二の次になってしまいます。やはり、スナップは、歩く速度を超えられない気がします。それより、Shigさんのように良い自転車を持っておられると、どこかに停めておくことが怖くなったりしませんか?

>HIROSHIさん
私もまったく同じ経験をしています。仕事に支障を来しては、何のための体力作りか判らなくなりますね(苦笑)。ただ、10kmの峠道なら、私は真っ先に降参しています。
とは言え、身体を作っておけるのもいまのうち…..と言うより、私の場合、年齢的には最後の機会かも、と、いささか焦っています。高校時代を思い出して…..などと、自分自身を奮い立たせてみたり。いずれにせよ、これからの寒い季節が勝負かと。「体質改善、悪霊退散」と呟いています。

らおた 07-11-14 (Wed) 1:16

おいらは普段の足としてストライダという自転車に乗ってます。折り畳みなんですが、そのシルエットはとてもユニークで面白いです(笑)

mb 07-11-14 (Wed) 21:42

らおたさん、こんばんは。
折り畳み自転車ですか! 実は私には未知の領域です。で、さっそく、「ストライダ」で検索してみました。
……ユニークですね…..ユニークすぎます。すくなくも、この土地では見かけたことがありません(苦笑)。

yanz 07-11-16 (Fri) 20:27

おお.mbさんはガノラーでしたか.
おっしゃるように,10kgを切るとなるとロードバイクということになるのでしょうけど,ミニベロ(小径車のことです)なんかでもあるかもしれません.
サスはついてませんが,街乗りではあまり関係ないでしょう.子供のころに乗っていた自転車にもサスはついてなかったのではないでしょうか?かえってサスがついていない方が,力がダイレクトに伝わるのでいいですよ.私の通勤車もサスつきでしたが,サスなしに改造しました.
カメラと自転車の親和性ですが,どちらに比重を置くかでしょう.自転車乗りの自分は,自転車に乗ってるときは走るのに専念したいですね.したがって,自然と止まらずに自転車の上から撮る(自転車そのものを撮りたいというのもあります)というスタイルになっている次第です.

mb 07-11-16 (Fri) 23:47

yanzさん、こんばんは。実は、相談にのって頂きたいと思っていました(笑)。
2年前にLGS-TR1を選んだのですが、もう一台、GIANTのEscape R3という同価格帯のモデルも気になっていました。しかし、結局TR1を選んだのは、R3があまりにも華奢に見えたからでした。
学生時代にマウンテンバイクに乗っていたものですから、R3やロードバイクの極端に細いタイヤは、とても信用ならなかったのです(笑)。
ロードバイクのタイヤ、耐久性はどうなんでしょう…..? あんな華奢なタイヤで、あれほど段差の厳しい歩道を走るのはおっかない気がしているのでした(苦笑)。試乗させてくれるお店でも有ると良いのですが…..。
それより、乗りながら撮影なさることもあるとか。 くれぐれもお気をつけて!

yanz 07-11-19 (Mon) 11:04

細いタイヤについては,心配ご無用です.タイヤの圧力を管理していれば,問題ないですよ.それにツーキニストとかパンク耐性に優れたタイヤもありますのでそれを使って,圧力を維持していれば,歩道の段差でもほとんどパンクはないはずです.
GIANT R3はいいですが,今となってはいささか中途半端に感じます.
GIANTならESCAPE MINI Zero/1が先のコメントに書いたミニベロという種類のバイクです.要するに,ホイールが小さい自転車です.そのため重量も軽量ですし,見た目がロードレーサーほど本格的じゃないので,乗り手も肩肘はらずに乗れるので街のりには最適だと思います.そのくせ,ロードレーサーなみの性能を持ってますので羊の皮をかぶった狼といった感じでしょうか.
それから見た目の華奢というのは,気にしなくてもいいでしょう.かえって軽量化がはかれているということの裏返しだと思います.レースとかならいざしらず,メーカーが発売しているもので,剛性が不足しているというのは,あまり聴いたことがないです.

mb 07-11-19 (Mon) 22:17

yanzさん、さっそく回答していただき、ありがとうございました。お時間を取らせてしまって申し訳ありませんでした。
細いタイヤの件、安心しました。マウンテンバイクに馴染んでいた身としては、どうにも不安で仕方なかったのでした。よほど条件の整った道しか走れないのではないかと…..。この不安が解消されただけでも、かなり背中を押していただいた気持ちです。
さて、Escape MINI Zero/1、さっそく、ホームページを見てみました。「羊の皮をかぶった狼」に心惹かれ、ドキドキしながらアクセスしました。なるほど、これかぁ〜!と感動したものの、その価格の狼ぶりに、私が羊になってしまいそうでした(号泣)。う〜む…….。

yanz 07-11-19 (Mon) 22:41

併記したのは,まぎらわしかったかもです.
MINI zeroは高いですが,MINI 1の方はそれほどではないのでは?(笑)
それからGIANTに限らず,他のメーカーでもMINIVELOは発売されているのでチェックされることをお勧めします.そういえば,現在,書店に小径車のムックが出てると思います.

mb 07-11-20 (Tue) 22:29

yanzさん、たびたびお手間をおかけしてすみませんでした。注意を促して下さって、ありがとうございました。
ご賢察の通り、MINIの”Zero”と”1″をごっちゃにして、Zeroの価格だけを見ていました(苦笑)。しかし、”1″の方も、私のTR1よりも遥かに高価……。小径車と言えど(否、「だからこそ」?)、気合いが入ればこんなに高価になるんですね…..。自転車は奥が深い…..。
カメラ同様、自転車でも、タマにEi-Publishingにお世話になることがあるのですが、今度、書店で探してみます。情報、ありがとうございました。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/11/%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%81%a8%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
カメラと自転車。 from memoranda

Home > 写真機 > カメラと自転車。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top