Home > 写真機 > 這いまわるアリ。

這いまわるアリ。

2006Octtyo018

二箇所にわたる一週間の出張から戻ってきました。後半の3日間は山ごもりでした。良く歩きました。気持ちの良い汗をかきました。一仕事を終え、こうして椅子に座っていると、ふくらはぎのあたりがポカポカとしていて、とても心地よい疲労感です。

とは言え、こういうときにありがちなことですが、身体ばかりが疲れていて、脳の芯が冴えています。無責任な学生時代なら、そのまま下宿でバタンキュー、翌日は泥のように眠りこける、というパターンで良かったのですが、勤め人ともなると、さすがにそうは行きません。

とりあえず、床に就く時間を間違えないようにしなければなりません。睡魔に任せて、うっかり早く眠るようなことがあれば、間違いなく、夜中に目が覚めてしまいます。そうして、翌朝がキツくなります。逆に、ふだん通りにしようとすると、今度は目が冴えて寝付けなくなってしまいます。はてさて。

今回の山ごもりでは、FA+85mm f2s、35mm f2sを連れて行きました。暗い場所での撮影も必要だったので、SB-50DXも同伴です。ペンタ部にシューのあることは、やはりメリットが大きいですね。また、過保護にしているF3とは違って、FAならば少しくらいぞんざいに扱っても…..という気持ちもあります。もちろん、それは「信頼」の裏返しです(笑)。

ところが今回、初めて経験するトラブルに遭いました。屋外で撮影中、覗いたファインダーのなかで、アリさんがウロチョロと這いまわっているではありませんか。

接眼部ではありませんでした。レンズの前玉でもありませんでした。どちらにもいないことを確認して、再度ファインダーを覗いてみると、やはり我物顔で這い回っているのでした。

にわかに信じがたい心地でした。そして、認めたくありませんでした。レンズを外し、後玉を確認しました。

いません。

ミラー部を確認しました。

いません。

そうして、ふとファインダースクリーンに目をやると、極小のアリさんの影が映っていました。厄介なことに、ペンタプリズム側を這い回っているのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これは一刻も早くお立ち退き願わねばならぬ。残っていた2、3コマを適当に撮り、早々に宿に戻ってフィルムを抜きました。そうして宿で毛抜きを借り、ファインダースクリーンを取り外すことにしました。

ここで思わぬ誤算が。私は充分すぎる慎重さで、スクリーンを固定している留具を外したつもりでした。しかし、そんな私の思いを嘲笑うかのように、固定枠が勢いよく開いてしまったのです。

その結果、アリさんの姿を見失ってしまいました。外に出てくれたのか、それともさらに奥にお隠れになったのか、見極めが付かなくなってしまったのです。

そうしてしばらく、その場にFAを置いたまま、動かさないようにしていました。万が一、奥に入ったのなら、そっとしておいて、再び出てくれるのを待つほうが良かろうと思ったからです。

そうして今日に至ります。アリさんは出てきてくれません。本当に立ち退いてくれたのなら文句はありませんが、いまの私は、もういちどファインダーのなかを這い回ってくれることを期待しているのでした。

みなさまも、くれぐれもレンズ交換にはお気を付け下さい(泣)。2006Octtyo014

Comments:5

COMPLEX CAT 07-09-07 (Fri) 8:37

Real Ant

ええぇ,昔,家屋をアリが浸食していくシミュレーションゲームSimAntなんてぇのがありましたが,最近,アリsp.に職場でも家でも苦労してます。この手の微小…

complex_cat 07-09-07 (Fri) 23:23

最近,仕事場で撮影したアリはパソコンやカメラの中に巣を作る恐ろしいアリンコではありませんでしたが・・・この話,面白かったので,TBさせていただきました。
って,コメントが遅くなってすいません。

mb 07-09-07 (Fri) 23:56

C_Cさん、TBとコメント、ありがとうございました。すぐにもお礼を…..と思いつつ、すっかり遅くなってしまいました。
それにしても、ファインダーの中をアリが這い回っていたときは、本当に恐ろしい思いでした。カメラの中だと判って、卒倒するところでした。
以前、何かの番組で、放置していたカメラで撮った写真に巨大なダニの影が写り込んでいるのを見て笑っていましたが、完全に他人事では無くなっています。本当に弱っています(泣)。

H.O 07-09-11 (Tue) 17:39

夜中に起きてしまった一人です(^^;
MBさんのお話がとってもありがたいです(^^
最近、良いのか悪いのか僕も管理者的な事を任せて頂く様になり、時折睡魔に任せて早く寝たらこの始末・・・MBさんのお話の通り夜中に起きてしまいます。そんな僕も人畜無害の中年でありたいですが(笑)
それから10万km達成おめでとう!1台を長く乗るのって素敵です。僕は、北米に来てそんな事を改めて考え直させられました。
もっとも社会構造もこちらは違いますが、一つのものを長く使うってやっぱり良い事じゃないかって思うのです(^^
最近まったく写真を撮っていないワタクシですが、またきます(^^;

mb 07-09-11 (Tue) 19:00

H.Oさん、こんにちは。TimeZoneがいくつもありますから時差の見当が付きませんが、そちらは未明でしょうか?
お仕事、たいへんなご様子ですね。くれぐれもお体を大切になさって下さい。
私の場合、多少なりとも「危険な香り」のする中年男でありたいと思いますが、カミさんにはハナで嗤われました。ニャロ。
2001〜2002年にそちらに滞在していた頃、意外に質素で堅実な暮らしぶりに驚いたものです。同じ企業のトップと末端では、所得の格差が三桁、四桁倍と言われますし、私が出会った人々は、私とほぼ同じ水準の暮らしぶりだったと思うのですが、有るものを治しながら大切に長く使うという点では、もしかすると日本人以上かもしれないな…..と。むしろ、アメリカの庶民から学んだことかもしれません。
実は私も、ここのところ、全く写真を撮れていません。お互い、ストレスが溜まりますね(笑)。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/09/%e9%80%99%e3%81%84%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8b%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
這いまわるアリ。 from memoranda

Home > 写真機 > 這いまわるアリ。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top