Home > 文具 > 続 来年も赤い。

続 来年も赤い。

  • September 14th, 2007 (Fri) 20:27
  • 文具

2006Octtyo031

近付きつつある台風のせいか、なんだかとても蒸し暑い一日でした。とは言え、日は確実に短くなっており、夜7時を迎える頃には、とっぷりと暮れています。いよいよ、秋がやってくるのですね…..。

そんな秋の気配を感じる頃、頼んでいた2008年用の「赤いモグラの革手帳」が届きました(詳細はこちら)。先々週のことです。当初は9月末入荷予定だったのですが、フタを開けてみると、注文後1週間と経たないうちに届いたのでした。今月の初めのことです。

かつて、手帳など使わずにいた頃のことです。9月に入ったばかりだというのに、翌年の手帳のことを心配する同僚を訝しく思っていました。「そろそろ、来年の手帳が並ぶ頃なんだけど…..」という言葉に、「えっ? まだ9月でしょ?」と思ったものです。

訊けば、毎年決まったメーカーの手帳を購入している者、毎年、異なるメーカーのものをあれこれと試している者と様々でした。そして、みな一様に、この季節になると新商品の発売にソワソワしはじめていたのでした。

特に、数量限定のものにねらいを付けている者は、いままさにこの瞬間に売り切れてしまうのではないかと、気が気では無さそうでした。現実には、全くそんなことはないのですが(笑)。

そんな同僚たちの存在は、私にはとても理解しがたいものでした。しかしこの「赤いモグラの革手帳」を使い始めてからというもの、その私が同じように振る舞うようになってしまうとは…..。

前回の記事にも書いたとおり、今年の「赤いモグラの革手帳」と来年のものとでは、帯に書かれた総ページ数に違いがありました。今年の帯には「136頁」、来年のものには「144頁」と書かれてありました。

巻末の無地ノートページが増えたのではないかと予想したのですが、まったくの見当違いでした。無地ノートは、どちらも8頁分しかありません。おそらく、昨年の帯はこのページ数をカウントせず、今年は勘定に入れたのでしょう。がっかり。

ただ、別冊ノートのオマケは、これから先も重宝しそうです。翌年以降も持ち越しておきたいデータは、こちらに綴ることになりそうです。

しかし、翌年の手帳を9月に手に入れることに、なんの異和感も無くなってしまいました。外せない翌年以降の用事が、すでにこの9月の時点で、ポツポツと出てきているのです。決して良い傾向ではありません(苦笑)。

2006Octtyo028

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/09/%e7%b6%9a-%e6%9d%a5%e5%b9%b4%e3%82%82%e8%b5%a4%e3%81%84%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 来年も赤い。 from memoranda
pingback from memoranda - 続 続 続 続 来年も赤い。 10-08-06 (Fri) 20:00

[...] 「続 来年も赤い。」(2007年9月14日) [...]

Home > 文具 > 続 来年も赤い。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top