Home > 文具 > 私の万年筆。

私の万年筆。

2006Octtyo033

残暑の範疇をはるかに超える、暑い暑い一日でした。本当に秋は来るのかな…..。いえいえ、油断は禁物です。ある日突然、気温が下がり、そして炬燵が恋しくなるはず。そう言えば、昨日あたりから鼻風邪気味…..。

さて、話がガラッと変わります。

数年前から万年筆を常用しています。その割に、万年筆に関わる記事が少ないのは、私がコレクターでは無い証拠です。もちろん、その素質が無いはずはありません。しかし、カメラでさえ、コレクターたることを禁じられているいま、このうえ何をか言わんや…..という天の声が、極めて至近距離から聞こえてきそうです。

さて、そんな私の手持ちの万年筆を並べてみると…….

・丸善センチュリー
→中字。手に入れた経緯は「万年筆とモグラの皮」を参照(こちら)。生まれて初めて買った万年筆。当初は常用だったが、その価値に目覚めてのち、完璧な過保護状態。キャップが重く、首軸の金冠が腐食しがちなことが難点。アテナインキ入。

・モンブラン マイスターシュテュック146
→太字。尋常ならざるカメラマニアであるところの我が父からせしめたもの。長期間、放置していたダメージが大きく、地元の万年筆店で修理。現在は完調。年賀状の宛名書きに大活躍。アテナインキ入。

・シェーファー
→極細。型番不明(ペン先に585の刻印あり)。婚約したとき、義父から贈られた。当時は万年筆などにまるで関心が無く、押し入れにしまい込んだままだった。万年筆に興味を覚えた頃、「そう言えば…..」と引っ張り出した一本。極細にもかかわらず、手持ちのなかではもっともインクフローが良い。極黒入。

・カトウセイサクショカンパニー セルロイド万年筆
→中字。購入後1年を経た頃、鉄ペンだったペン先を、セーラーのプロフィット(中字)の金ペンに変えてもらった。ペン芯までは変えられなかったが、非常に快調で、現在のメイン。なにより軽く、セルロイドのデザインも秀逸。アテナインキ入。

・セーラー プロフェッショナル・ギア
→中字。それまで常用だったセンチュリーが惜しくなり、「いつ壊れても良いもの」という、まったく合理的な理由により衝動買い。事実、その後は常用万年筆として、ほぼすべての書き物をこれでこなす。いちど床に落としてペン先を曲げてしまったものの、愛情あふれる店主の修理により復活。しかし、その後遺症は拭いがたく、現在、再調整中。極黒入。

(つづく)

2006Octtyo035

Comments:3

hiro 07-09-20 (Thu) 19:49

丸善センチュリーは他の方からも良いというお話を聞いた事がありますし、
ネット検索しても良いという話は見るのですが現物も写真も見た事がありません。
一体どんな体裁なのでしょう…?布?というのが想像できません。

私はモンブランのP114(一番チッコイ奴)を7~8年くらい愛用しています。
値上がりする前でCD等のグッズが付属しておらず安く嫁さんと一本づつ購入
しました。書き難いのですがこれしか無いので意地で使っています。

だけどずーっとずーっと欲しいのがあります。それはスーベレーン300極太。
多分、P114よりもスーベレーンの方が書きやすいはずです。
これだけ使っている自分のP114より店頭で握らせてもらう300の方が
書きやすく感じるのです…。だけど我慢我慢、そのうち書きやすくなるだろうと…。

mb 07-09-21 (Fri) 0:36

hiroさん、こんばんは。
センチュリーですが、こちらの方が詳細な画像を載せておられます。私の持っているのは黒ですが、この方のものは濃緑ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/muminef551/archive/2007/5/6
軸の素材については「キャンバス マイカルタ」で検索すると、いろいろなページにあたると思います。
半年ほど前、上京した折、丸の内OAZOの丸善で、このセンチュリーの復刻とも思える万年筆がありました。センチュリーを丸善と共同開発したセーラーが、自社ブランドものとして販売していたのでした。最後の一本のようでしたから、もう売れているかもしれませんが…..。
スーベレーンも良い感じですよね。私はワインレッドのM800が狙い目…..。しかし、父によるとウォーターマンも良いとかで、目下思案中なのでした。

mb 07-09-21 (Fri) 0:37

書き忘れたことが。もし、いまお使いのモノが書きにくいようでしたら、いちど調整に出してみてはいかがでしょうか? ゆがみが起きているのだとしたら、かえってペン先を傷めているかもしれませんから…..。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/09/%e7%a7%81%e3%81%ae%e4%b8%87%e5%b9%b4%e7%ad%86%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
私の万年筆。 from memoranda

Home > 文具 > 私の万年筆。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top