Home > 写真機 > 続 続 Penの快楽。

続 続 Penの快楽。

Pens3009

機能的にもデザイン的にも、ほとんど差のない3台ですが、唯一、個体差を感じるのはフィルムの巻き上げです。Pen S、Dシリーズでは、リア・ワインディング・ノブを採用し、2回程度でコマが送られます。

製造年の違いによる機構のマイナーチェンジ故なのか、それとも純粋な個体差なのかは判りません。最もスムースなのはS2.8のBKです。これに対して他の2台は、2回目の巻き上げ時に、「よっこらしょ」といった感覚があります。

これは、おそらくEL(イージーローディング)機構を採用しているか否かの違いのようです。EL化されているS2.8(BK)が、私にとって最初のPen Sでしたから、非ELのS2.8(SI)の巻き上げには、はじめは大いにとまどいました。Penの快楽がスポイルされているように思えたのです。

しかし、不思議なもので、いまではまったく気にならなくなりました。特にPen S3.5の出動回数が増えるにつれ、久しぶりにELのS2.8(BK)に触ると、なんとも淡泊な気もするのです。勝手なものです。

Pen Sにリバーサルを詰め、宅野を撮り、ビュープリントで仕上げたい……。露出に自信の無かった私はコシナのVCメーターIIを手に入れました。そのときの成果がこちらです。

“2005 TAKUNO with Pen S2.8″

一昨年も前の夏だったんですね(笑)。機械はBKの方です。晩夏の陽射しに首の後が真っ黒になってしまいましたが、本当に楽しい撮影でした。

しかし、このVCメーターIIがクセモノでした。それまで露出の勘を鍛えようと、敢えてPen Sを持ち出すことが多かったのに、ネガを入れているときでさえ、VCメーターIIが付いていないと不安になってしまうのでした。

そうしてくっつけていると、ついつい頼ってしまいます。またVCメーターは見た目とは裏腹に重量があり、そうでなくとも金属の塊のPen Sに乗っけると、せっかくの機動性がスポイルされてしまうのです。

最近、ホットシューに乗せることを止めました。VCメーターだけ、左のポケットに突っ込んで、どうしても気になるときだけ取り出すようにしています。予想した値と同じであれば嬉しくなります。

Pen Sを使うなら、露出計ナシで使うことが基本です。私は散々回り道をした挙げ句、それがいちばん心地良いことに気がついたのでした。露出を外してしまったために、面白いと思える写真もできるのです。その偶然が快楽なのです。

(つづく)

Pens3010

Comments:7

hiro 07-07-13 (Fri) 12:41

写真が格好良いなぁと思って書き込みました。
ずっとの過去分を拝見させて頂きます。
同じpenを使っていていても全然違うなぁ…。

toshiboo 07-07-13 (Fri) 21:56

はじめまして。toshibooと申します。
かなり前から拝見させていただいていましたが、PenS3.5の話題が復活したことがあまりにも嬉しく、書き込ませてもらいます。
僕も今年2月にPenS3.5を購入しました。
友人の影響もあるのですが、購入動機の一つに、marmotbabyさんの文章&写真作例がきっかけともなっています。
ここ三日間の記事に「続く」が記述されているので、ず~と続くことを楽しみにしています(笑

mb 07-07-13 (Fri) 22:37

>おふたりへ
はじめてコメント頂き、本当にありがとうございます。とても嬉しくなります。また少し、世界が広がりました。続けていて良かったと思える瞬間を頂きました(喜)。

>hiroさん
はじめまして。過分なコメントを頂き、恐縮しています。白状すると、7月11日の記事の下の写真からは、Pen S3.5でテレビ画面を写したものなのです。ですから撮り手はプロのカメラマンさんなのです。いささか、インチキですね(苦笑)。
過去分を見て下さるとのこと…..ありがたいような、申し訳ないような気がします。特に一昨年の暮れにトラブって、テキストは残りましたが、2005年の記事にはほとんど写真が消えています。私的には、このトラブルを「まーもっとべびる」と呼んでいます。フォトログの方も今月、過去3年近くのモノを、やはりトラブルから消してしまいました。そんな満身創痍のブログですが、お付き合い頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

>toshibooさん
はじめまして。以前から訪ねて下さっていたとのこと、本当にありがとうございます。
連載をするときは、概ね内容の見当がついてから書き始めることが多いのですが、今回のPen S3.5については、タイトルだけが先に決まってしまい、いま、内容に苦労しているところです(苦笑)。
ただ、私にとっても記録になるので、自分の「使い方」を忠実にトレースしてみようと思っているのでした。
Pen S3.5、良いですよねぇ〜。コレさえあれば、他の機械は無くても良いとさえ思っています(もちろん、思うだけです)。
いずれ近いうち、そちらにもお邪魔いたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。

hiro 07-07-18 (Wed) 18:54

少しづつ記事を拝読させて頂いていますがとても多いですね。
どれも面白く、また、実は先日書き込ませて頂いた理由にもなりますが、
何となく自分との共通点を見出す事ができる一方、解決等異なり面白いのです。

カメラの方はフルサイズのメイン機はNikonなのでしょうか。
最近気になるスペックの24mm f2s、28mm f2s、35mm f2s、と勢揃いですね。
私の場合はNikonボディはもっておらず、ペンFにアダプタで使っています。
Nikonの古いレンズはペンFレンズに比べれば安価でワンランク上のスペックが
購入でき、古くても私には十分な画質で有り難い限りです。

最近はN-Auto24mmF2.8をよく使っていますが、湾曲が強くまたもう一段明るい
のが欲しく、28mmF2を考えています。Ai-sのは買えませんけど…。
ながながとすみませんでした。今後も記事を楽しみにしています。

mb 07-07-19 (Thu) 0:12

hiroさん、こんばんは。
つたない駄文に目を通して頂き、感謝に堪えません。本当にありがとうございます。
さきほど、toshibooさんへの返信にも書きましたが、同じ機械でありながら、微妙に異なる使い方を知ることには、本当に興味があります。「不思議」と「発見」の面白さです(笑)。また、同じ機械を使っているが故に、その使い方の違いが「ストンと落ちる」ことも面白いものですね。

Nikkorはすべて中古で集めました。それも、F3を手に入れてからの3年間に集中しています。私はどうしても「みてくれ」に走ってしまうので、アダプターを介して他社のレンズを付ける、いわゆる「合体モノ」は試したことがありません(笑)

28mmですが、Ai-S f2は大きいです。実は今、軽量で最短撮影距離の短いf2.8に興味が出ています。ただ、そうなるとGR1vに義理が立たないので、禁欲していますが(苦笑)。

hiro 07-07-19 (Thu) 23:07

お子さんの話、三種神器の話、Bachの話、万年筆の話、カメラの話、
どれも分かる分かると拝読します。ただどれも解法や感じ方が違います。
“同じ機械でありながら、微妙に異なる使い方”にも相通ずるのかも?

GR1vをお使いですか。であればお眼鏡に敵う一眼レンズは乏しいかも…。
Ai-sは大柄なのですね。せっかくの小型をスポイルしますね。うーん。

mb 07-07-20 (Fri) 23:39

hiroさん、ぜひ「違った解法や感じ方」をこのコメント欄にお寄せ下さい。
白状すると、私はレンズの画質や数値性能など、まったく判っていないのです。そもそも、画質を云々できる写真でもありませんし…..(苦笑)。
同じNikkorのAi-s28mmなら、f2よりもf2.8が姿形も美しく、軽量コンパクトです。実はつい昨日、なじみのカメラ店の中古コーナーにフード付きで鎮座しているのを見つけ、困っているところです。「連れて帰れ。」とうるさいのです。いまのところ、預けたまんまですが…..。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/07/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-pen%e3%81%ae%e5%bf%ab%e6%a5%bd%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 続 Penの快楽。 from memoranda

Home > 写真機 > 続 続 Penの快楽。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top