Home > 写真機 > 続 続 続 続 続 Penの快楽。

続 続 続 続 続 Penの快楽。

Pens3015-1

以前にも書きましたが、最近のお気に入りは「Pen S+Presto1600+旅先の夜の街」です。そこでいつも迷うのが、S2.8を連れて行くか、S3.5を連れて行くかの二者択一です。

S2.8とS3.5の外見の違いはレンズ周りにあります。鏡胴部の高さが、S2.8の方が高く、S3.5はとても低いのです(三光ペンやWと同じです)。

きちんと測れば数ミリに満たない差なのだと思います。しかし、この数ミリの差は、不要なときにポケットに突っ込んだりするさい、大きな違いとなって現れます。なので、ついつい、S3.5を連れて行くことが多いのです。

しかし今度は、その鏡胴部の薄さゆえの困りごともあるのです。夜を撮り歩くとき、ピントは2mに固定し、絞りはf5.6、あとはシャッタースピードで調節することにしています。光源にも依りますが、1/30を基準にすれば、概ね許容範囲に収まってくれるらしいことが判りました(Presto 1600の場合)。

しかし、S3.5は、シャッタースピードダイヤルの操作性が悪いのです。外見的にはS3.5の方がスマートですが、そのスリムな鏡胴部は、シャッターダイヤルの厚みを削ぐことで実現しています。

数値の印字の大きさはS2.8と変わらないものの、ダイヤルの指がかりがいまひとつ。加えて私のS3.5は、現在合っているシャッタースピードを表示するラインが消えかかっていて、いったいどの数値に合っているのか、とても視認性が悪いのです。

こうなれば、もはや指先に覚えてもらうしかありません。いちど1/250に振ってから、ひとつ、ふたつと戻して行く……これを繰り返して、手元を見なくても現在のシャッタースピードを把握しよう……そんなわけで、S2.8よりもS3.5を連れ出して、訓練しようとしているのでした(笑)。

(つづく)

Pens3014

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/07/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-pen%e3%81%ae%e5%bf%ab%e6%a5%bd%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 続 続 続 続 Penの快楽。 from memoranda

Home > 写真機 > 続 続 続 続 続 Penの快楽。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top