Home > 家族 > 単細胞の自由。

単細胞の自由。

2006Dks070

主旨は皆目不明ですが、「生まれ変わるならミジンコが良い」と言ったのは、他でもない、うちのカミさんでした。前後の文脈は忘れました。もしかすると、前後の文脈など無く、極めて唐突だったかもしれません。

そんなカミさんがネットを徘徊していて見つけたのが、「半草半獣」と呼ばれる単細胞生物、「ハテナ」です(詳細はこちら)。

藻類を食べることで、光合成ができるようになるのだそうです。驚くのは、その後の細胞分裂のさい、捕食した葉緑体を持つ個体と、それを持たない個体とに分かれることです。

つまり、同一の個体が袂を別つとき、片方は植物的、もう片方は動物的な生を歩き始めるのです。そして動物的な個体の方は、再び捕食器官をもち、藻類を取り込んで、さらに同じ分裂を繰り返す…..。

カミさんはいたく胸を打たれたようでした。「ハテナ」の何が、それほどまでにカミさんの胸を打つのか、私にはまったく理解不能でした。夫婦ですから、判りたい気がしないでもありません。しかし、いざ判ってしまうと、映画『CUBE』もビックリのカミさんワールドに引きずり込まれ、戻って来られなくなるような気もします。

人間を細胞レベルまで噛み砕いて考えると、なんとも不思議な気がします。そもそも、2年程度で総入れ替えされる私たちの肉体が、何故記憶の連続性を保てるのかも不思議です。

多分にSF的ですが、微細なレベルに刻まれた記憶を、体外の媒体に転写できたとき、そうして再生されたもうひとつの個体は、元の個体たり得るか?という問いでもあります。つまり意識の転写は可能なのかどうか…..?

私が今の肉体を捨てて、別の肉体に意識を転写すること……。以前、「血肉ある言葉」という記事に書いたウェアラブル・コンピュータは、「技の記憶」を転写するものではあっても、人の意識を転写するものではありませんでした(詳細はこちら)。

しかし、考えようによっては、「技の記憶の転写」であれ、「記憶と意識の転写」であれ、技術的には本質的な差は無いようにも思えます。

細胞の複雑なネットワークに絡め取られたがために、大切な何かを覆い隠された生を、ある種の苦痛とともに生きるよりも、浮遊する単細胞の自由にこそ尊さを感じてしまう……とここまで書いて、ミジンコに対するカミさんの憧憬も、すこしだけ判る気がしたのでした。

2006Dks069

Comments:5

complex_cat 07-07-05 (Thu) 0:47

総入れ替えといっても,確か脳を含めて中枢神経細胞は,例外的に特殊な状況で小規模な再生が確認される以外は,ほとんど更新しませんから,潰れていくだけです。1回二日酔いすると,ぶちぶち100個,200個と潰れていって・・・私なんぞ,残ってないかも知れません。

mb 07-07-06 (Fri) 19:30

C_Cさん、いつもコメント、ありがとうございます。南九州は大雨とのことですが、大事ないでしょうか? こちらは昨年、水害に見舞われたものですから、土砂降りの怖さが染みついています。
そう言えば、以前、詳細に教えて頂いていましたね。中枢神経細胞だけは、ほとんど再生しない….と言うことを。こちらの記事でした。

「入れ替わり」
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/10/post_146.html

2年近くも前の記事でした。私の思考は同じところをループしているようです(苦笑)。
とは言え、3年近くも続けていると、過去に書き散らかした、そして今ではすっかり忘れてしまっている記事に出会えて、なんだか懐かしい気持ちになったりもします。意外に「データベース的」になってきたような…..。
あるいはC_Cさんも同じ経験がおありでしょうか…..?

complex_cat 07-07-07 (Sat) 0:24

ははは,前のコメントの方が,詳しく書けてますね(汗)。
 二人で同じ問答をバリエーション替えてやっていたわけですね。落語みたいですね。二年後ぐらいにまたあるかな。

 ところで,ご自身のブログ内検索は,さっと出来ますか。私はそれでいつも苦労してます。exciteは,タイトルの検索を記事管理でやる以外は,検索機能はなぜか全く使い物にならないので,
Googleで‘complex cat’と入れた後に,探したいキーワードを入れるという状況です。

らおた 07-07-07 (Sat) 2:01

もしかして奥様はO型でしょうか(笑)

mb 07-07-09 (Mon) 19:56

返信が遅くなってすみませんでした。

>C_Cさん
自分で気が付いていないだけですが、記事の中でも、同じことを別のかたちで言っているものが多々ありそうな気配です(苦笑)。いくら私的な「戯れごと」とは言え、気をつけなければなりませんね。
ところで検索機能の件ですが、私のブログも「モッサリ感」は否めません。複雑な検索をかけているわけではありませんから、精度のほどは判りませんし、また私の場合、記事の内容をある程度特定して検索しているので、概ね予想通りに引っ張り出してくれます。スピードのことはなんとかならないものかと思いますが、この程度で仕方ないかな、と思っています。

>らおたさん
ご賢察のとおりです(笑)。O型って、こういう人が多いのでしょうか? カミさんによると、「日本で2番目に多い血液型だ」とのことですが…..。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/07/%e5%8d%98%e7%b4%b0%e8%83%9e%e3%81%ae%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
単細胞の自由。 from memoranda

Home > 家族 > 単細胞の自由。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top