Home > 林檎電脳 > あわせて読みたい。

あわせて読みたい。

2006Dks048

先だって、ロリポのユーザー専用画面にアクセスしました。最後にアクセスしたのは、半年以上も前かもしれません。ついでに妙な下心ができて、久しぶりにアクセスログとやらを確認してみました(照)。

サイドバーのカウンターをご覧頂いてもお判りの通り、このmemoranda、決してアクセス数は多くありません。日に50件もあれば良い方です。とは言え、この少なさが、良心的な読者の方に恵まれていることの、なによりの証拠だろうと思っています。

ところが、アクセスログを確認していて不思議な心地になりました。日別レポートを見ると「リクエスト数」とやらが少なくとも2,000件、多いときで4,000件近く。「ページ数」とやらは、少ないときで300件、多いときで1,000件近くありました。

カウンターが表示する数とのあまりの違いに、首を捻ってしまいます。もちろん、捻っただけで、あまり深くは考えていません。「リクエスト数」にしろ「ページ数」にしろ、そしてカウンターの示す数値にしろ、その勘定のカラクリを知らないので…..(笑)。

ことさらにアクセス数を増やそうというつもりも無ければ、それを粉飾するつもりもないので、このまま穏やかに運営していければ良いなぁ…..と願うばかりです。

それよりも、思わずズッこけてしまったのが「検索ワード」でした。なんと「三回忌」でお越しになる方が、ダントツに多いのです。不審に思ってYahooのウェブ検索をかけたところ、私の「三回忌」の記事(こちら)がトップに表示されています。

唖然。

おそらくは、法事の三回忌を滞りなく進めるために、そのノウハウを探しておられるのだと思います。そんな実際的な必要を抱えていらっしゃる方々に、私の駄文が繋がってしまう……。なんとも申し訳ない気持ちでいっぱいです(謝)。

そんな折も折、こんなものを見つけましたfeed meterさんが提供している、新しいブログサービスです。

気に入ったのは、そのコンセプト。つまり「定量的な評価ではなく、定性的な価値が大切になってきているのではないか?」という問いです。

ウェブ検索にお世話になることは多々あれど、さほど更新もされないページが相変わらず上位にランクされているのをみて、辟易している方は多いのではないかと思います。もちろん、ページのオーナーにしても、意に沿わない形で上位に放置されるのは、きっと本意では無いはずです。ちょうど私の「三回忌」のように。

そんな閉塞状況に、針穴ほどでも風穴を開けるには、アクセスする側の自覚と戦略しかないのかもしれません。それだけに、この「あわせて読みたい」の試みが、面白そうに思えたのでした。

で、ちゃっかりサイドバーに設置してみました。ついでに、コッソリ設置していたTwitterは外してしまいました。

数時間後には、集計結果が表示される模様です。楽しみですが、不安もあります。もしかすると、このmemorandaの最も熱心な「読者」が、他でもない私自身であって、私が「あわせて読んでいる」ページしか表示されないのだとしたら……。

2006Dks047

Comments:3

らおた 07-06-17 (Sun) 0:49

自分もHPとblogに共通のアクセス解析をつけてまして、日に一度は必ず確認してしまいます(笑)
おもしろいですよ〜人が一体何に興味を持っていて、検索かけて自分の処に辿り着いたのか。「Biogon Lマウント」「放射能 ズミクロン」とかは毎日の様にありますし、時には「らおた 写真」とズバリな検索をかけていらっしゃる方もいます(笑)

コメントはほとんどつかないサイトですが、意外に毎日色んな人に見られている事を自覚しました。そうするうちに文章の書き方、タイトルの付け方など少し気をつける様になってきました。より読み易く、より探し易い様に、

complex_cat 07-06-17 (Sun) 17:06

アクセス解析によれば,我がブログは,写真,Zeiss,クラシックカメラ,猫,生態学,いずれの関連項目よりも,ぶっちぎりの「オオゲジ」ブログです。
 ご紹介の「あわせて読みたい」,ありがたく拙ブログのメニューに載っけました。

mb 07-06-18 (Mon) 21:29

>らおたさん
コメント、ありがとうございました。検索ワードですが、私もびっくりするようなものばかりでした。圧倒的にカメラ関係のキーワードが多いようですが、持ってもいないLeica M8でお越しになった方には申し訳ないなぁ…..と。風雅なところでは、「氷嚢の思い出」が秀逸でした。また、意外と「百年カレンダー」や、私の乗っている自転車「LGS-TR1」で来られる方も多いようです。なにより嬉しいのは、「marmotbaby memoranda」で来て下さったことでしょうか(感謝)。

>C_Cさん
どうやら、C_Cさんのブログとあわせて読んで下さる方が多いようです(笑)。
「定性的な価値」とやらが、数値によってどこまで追い込めるものかどうか判りませんが、楽しみでもありますね。ただ、やはり琴線に触れるか否かは、決して「距離の近さ」には置き換えられ無いものかもしれません。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/06/%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%a6%e8%aa%ad%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
あわせて読みたい。 from memoranda

Home > 林檎電脳 > あわせて読みたい。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top