Home > 家族 > 続 続 記憶をなぞる。

続 続 記憶をなぞる。

2006Dks021

そのような感傷を覚えながらも、現代の仮面ライダーについて、あれこれと調べてみました。私にとっての仮面ライダーは「ストロンガー」までです。平成になっても続いていることは知っていましたが、ひとつも観たことはありませんでした。

「世界征服」という言葉が、とっくの昔にリアリティを喪ったいま(「作り物としてのリアリティ」という意味です)、悪役がいったい何をめざして悪事をはたらくのか、興味のあるところでした。どうやら、物理的な破壊と殺戮よりも、人の心を意のままに操ることの方に力点があるようですね。妙にこぢんまりした気がします。

なにより困惑したのは、ひとつの作品のなかに複数の仮面ライダーが出てくることでした。私たちの時代は、せいぜいV3のときのライダーマンくらいで、そのほかに他のライダーが揃う事態は、概ね最終回と相場は決まっていました。

多すぎて、とても憶えきれません。おまけに、敵キャラにも「仮面ライダー」が居るのですから、まったく理解不能です(初代仮面ライダーのとき、ショッカーが同等の能力を備えた仮面ライダーを大量生産したことはあったようですが)。

幸い、現在放映中の『仮面ライダー電王』は、ベルトのボタンの都合上、定員は4人までのようですが、もしかすると、この先、際限なく増えつづけるのかもしれませんね。

実はこの春、隣町の花祭りで催された「仮面ライダー電王ショー」に、家族で出かけてきました。市の広報で知ったのです。子どもは友達から「最前列に座ると悪者に襲われる」と吹き込まれていたようで、ステージから3分の2以内の席には、決して近付こうとしませんでした。

私にとっては、物心がついてから初めてのキャラクターショーでした。「地元青年団のボランティアではないか?」と思えるほど不器用な殺陣も、子どもたちの真剣なまなざしの前には、なんとも微笑ましくもありました。終演時、司会のお姉さんによる「5,000円の商品購入と引き替えの握手会&個別撮影」には、思わずのけぞってしまいましたが(苦笑)。

それでも、電王と並んでの写真撮影が無料(こちらは他の子どもたちとの合同撮影)だったのはありがたいことでした。おそるおそる並んだのは最後尾でしたが、田舎ゆえの回転の早さ。ものの15分で、私の息子を含む一団の番が回ってきたのでした。

撮りましたとも。F3+50mm f1.4で。わずかな時間で立て続けに4、5枚、シャッターを切りました。30数年前の父のことを思い出しながら(笑)。

さて、仕上がりのほどは。綺麗に撮れていました。しかし、遠巻きに観ていたカミさんの、コンパクトデジカメで撮った写真の方が、遥かに豊かな写真でした。そこには電王に頭を撫でられ、ニッコリと微笑み返している息子の姿があったのでした。

(了)

2006Dks039

Comments:2

HIROSHI 07-05-29 (Tue) 20:53

正直いいまして、息子の特撮好き、というかウルトラマン好き、ガンダム好きはボクのせいなんです(汗
ボクはウルトラセブンが今でも大好きなんです。
他のシリーズとちょっと違うんですね。
すごく哲学というか、今見ても深いなぁと思えるストーリーが好きです。
電王はさすがに見なくなりました。
ボクもハマって必死に見ていた平成ライダーシリーズは龍騎、ファイズまでですね。
ほんと反則ですよ。龍騎には何体ライダーが出てきたことか。
ああなるとありがたみも何もあったもんじゃあませんよね(笑)
それでも面白がって見ていましたが(汗
ガンダムも複数出てくるなんて許せません。
白いのが1体でいいのに。。。

mb 07-05-30 (Wed) 22:48

HIROSHIさん、こんばんは。
セブン、私が幼い頃には既に再放送でしたが、やはり名作ですね。決して、子ども向けに作っていない。職人の大人達が本気になって作り上げた「子ども向けのドラマ」ですね….。
『電王』、私もまともに観たことはありません。ウッカリ観ると、子どもよりもハマってしまいそうなので(笑)。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/05/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e8%a8%98%e6%86%b6%e3%82%92%e3%81%aa%e3%81%9e%e3%82%8b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 続 記憶をなぞる。 from memoranda
pingback from memoranda - 続 以蔵と電王。 10-05-25 (Tue) 18:41

[...] に白状しますが、地元で開かれた春と夏の『電王ショー』に子どもを連れ出したとき(詳細はこちら 。このときはまだ、電王に対して否定的なフリをしていたんですね)、熱心だったの [...]

Home > 家族 > 続 続 記憶をなぞる。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top