Home > 思惟 > 守る苦痛と破る苦痛。

守る苦痛と破る苦痛。

  • May 7th, 2007 (Mon) 19:43
  • 思惟

Dks01-25

ただの自慢になってしまいますが、昔から決められた期限は守るほうでした。もっとも、常日頃から「五分前行動(「5分前になって、ようやく行動に移すという意)」の人なので、期限前の数日は、いつも塗炭の苦しみを味わっているのでしたが。

ところが今回、自分でも不思議なくらい、かなり意識的に期限を無視してしまいました。その図々しさには、我ながら呆れるばかりでしたが、振り返ってみると、そこにはいくつかの原因が複合しているようでした。

●どのみち他の同僚との兼ね合いで、最終的な期限が延びる傾向にあることを経験的に学習していた。

●そのことに集中して取り組めないほど、側面衝突の嵐に見舞われていた。

●そもそも、あまり気乗りのする仕事ではなかった。

●と、その仕事のせいにしたくなるくらい、私の能力が欠如していた。

GWの初日と2日目は、日頃の疲れと「やりたくない病」といささか体調を崩したこともあって、ほとんど終日、不貞寝を決め込んでいました。カミさんに頼んで子どもも遠ざけてもらい、ひたすら泥のように眠りこけました。しかし、いっこうにスッキリしてくれません。当たり前です。とっくに終えておくべき大仕事をほったらかしているのですから。

5月1日、2日の平日を挟んで、GWの後半戦。滑り出しは絶不調でした。それでも一昨日あたりからペースが出て、今日の未明に無事に片付けることができました。

期限を守らんがために味わう苦痛と、期限を無視したために味わう苦痛。同じ「苦痛」の熟語を使いますが、その内訳はまったく異なるものでした。どう考えても、前者のほうが良いに決まっています。

と、そんな当たり前のことを、この年齢になって初めて知ることになったGWだったのでした。

Dks038

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/05/%e5%ae%88%e3%82%8b%e8%8b%a6%e7%97%9b%e3%81%a8%e7%a0%b4%e3%82%8b%e8%8b%a6%e7%97%9b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
守る苦痛と破る苦痛。 from memoranda

Home > 思惟 > 守る苦痛と破る苦痛。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top