Home > 光画 > 4月の写真。

4月の写真。

Dks033

“light with shadow”flickrに、4月の写真をアップしました。よろしければお立ち寄り下さい。

今月の写真は、同じ場所で撮りためたものを載せています。撮ったのは、昨秋のことです。場所は数年前に廃業した写真館と、その周辺です。来月以降も続く予定です。

この写真館を知るに至ったきっかけなども、いずれ書いてみたいと思っています。本当は、もっと早くに書くつもりだったのですが、モタモタしているうちに、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました(苦笑)。

そういうわけで、この暗室は、まったく他人様のものなのです(←H.Oさん)。

とは言え、昨日まで使っていたかのような生々しさもありました。主(あるじ)は既に彼岸の人ですし、跡を継ぐ者もいないのですが、まるで存命中の息づかいが聞こえてくるようなのでした。

Dks034

Comments:2

H.O 07-05-02 (Wed) 16:20

あ、、ありがとうございます。教えて頂き・・(^^
先日のお爺様のお話にコメントを入れたかったのですが既に何日も時間が・・(^^;

僕の祖父も8年間シベリアに抑留されていました。そしてその8年間の間に祖母のお腹にいた子供(僕の叔父)が8歳になり帰国して初めて我が子と祖父が対面した時にその子が祖父に言った言葉が「私は、あなたの息子です・・」と。
その他にもMBさんのお話と重なる話が沢山あります。
祖父が生前いつも僕に言った事は、どんなことがあっても二度と戦争は、しちゃいけないぞ・・・と。

僕らは、そんな話が直接戦争体験者から聞けて良かったと思います。勿論、戦争で亡くなられた方々に良かったとは、言えませんが。貴重な体験談ですね。

MB 07-05-09 (Wed) 17:21

H.Oさん、いつもコメント、ありがとうございます。こちらへの返信が遅くなってすみませんでした。
叔父様のお話、私の父と共通するものがあります。
祖父亡き後、父は時折、シベリアや極東を訪ねてみたいと言います。実は私もそのように思っています。彼の地で祖父が、どのような労役をしていたのか、その痕跡はあるのか、案外、極東にはかつての日本が手つかずで残っているのではないか…等々。
いつの日か、訪れてみたい場所のひとつなのです。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/04/%ef%bc%94%e6%9c%88%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%82-2.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
4月の写真。 from memoranda

Home > 光画 > 4月の写真。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top