Home > 写真機 > 悩みのタネ。

悩みのタネ。

2006Nagoya0181

フィルムカメラを使う悩みのタネは、撮り切れずにフィルムが残ってしまうことです。ですから、旅行であれ出張であれ、はたまたタダの散歩であれ、極力、その日のうちに撮り切るようにしています。

もちろん、現実には半分ほど撮ったところで時間切れということも多々あります。そうなると、次の機会にもそのカメラを持ち出すことになってしまいます。そしてそこでも撮り残してしまうと、さらに次の機会にも持ち出すことに…..と、延々、その機械を使い続けることになります。

昨日、GR1vに入っていたPRESTO 400を使い切りました。そうしてふと、いま手持ちのカメラのどれにもフィルムが入っていないことを思い出しました。明日から別の機械にスイッチするのなら、この機を逃すテはありません。なにより、ここのところず〜っとGR1vに頼りきりで、中の掃除もままならなかったのでした

そんなわけで、いったんはスペアのフィルムに手を伸ばしかけたものの、ここはひとまずお休みさせようと思い立ち、GRをケースに入れ、鞄にしまい込んだのでした。

さて、こうなると、次の機械をどうしよう?ということになります。まさかF3をぶら下げて歩き回るわけにも行きません。いくらOM-2が小ぶりでも、やはり一眼レフに変わりありません。となればコンパクトカメラしかないのですが、GR以外の選択肢は、NATURA CLASSICAだけなのです。

で、落ち着いた先がPen S2.8もしくはPen S3.5。第3回のペンスケッチ展まで、かなり余裕があるとは言え、その油断が命取りになることは、火を見るより明らかです。

さて、この二者択一。さほど大差ないように思えるかもしれませんが、レンズの出っ張りが短いぶん、その携帯性にはPen S3.5に軍配が上がります。しかし、夜の撮影ということになると、出っ張りの長いPen S2.8の方が視認性が良く、今度はこちらに軍配が上がります。

などと、あれこれ逡巡していますが、おそらく今夜には、機械の方から手を挙げてくれることでしょう。すこし楽しみなのでした。

2006Nagoya0271

Comments:4

散歩道 07-03-09 (Fri) 10:47

■marmotbabyさん、
そうなんですよね、36枚を撮りきるのには労力を要します。
何かイベントでもあって撮るなら別ですが、ブラブラの散歩で撮るのは多い枚数です。
かと言って1枚1枚に渾身の力を・・・一応撮ってみたですから(涙)
私も先日久しぶりに、実に久しぶりにGR1vで2本撮りました。やはりコンパクトが一番!

HOKUTO 07-03-09 (Fri) 20:50

僕も以前持っていたフィルムカメラでは、気がつけば1本で季節が変わっていたなんて、しょっちゅうでした^^;
今はデジ一眼がメインなんで、シャッター押しまくってますがw
でも、やはりフィルムでしか撮れない情景というか、フィルムでないと駄目だという人の気持ちは分かります。
独特の粒子感というか、雰囲気はデジタルでは出せないですもんね。
MBさんのphotoを拝見していると、フィルムカメラが欲しくなってしまいます。

sus 07-03-09 (Fri) 22:33

やはりというかついにというか・・GRDを入手しました。
偶然いま使っているiPodPhotoの大きさとほぼ同じで納まりもちょうどいいです。デジタルGRいかがですか(^^)

追伸
諸般の事情で以前より記していたブログを消去しております。写真はFlickr中心となりますが今後とも宜しくお願いいたします。

marmotbaby 07-03-12 (Mon) 20:06

>散歩道さん
良く判ります(笑)。枚数が多ければ良いというわけではありませんし、「なにを撮るか?」よりも「何枚撮ったか?」が優先すれば、まさに本末転倒ですよね。コマ数や本数は、あくまでも結果論で考えたいものです。
とは言え、いまの私は、撮ることを愉しめたときとコマ数・本数は、どこか相関しているようです。もちろん、仕上がりを見て凹むことが多いのですが(苦笑)。

>HOKUTOさん
私もフィルムとデジタルとでは、粒状感が違うのだろうと思っていました。ですが、最近はそんなことも無いようです。もちろん、本質的な違いはあるのでしょうが、私のような素人には区別できないほど、デジタルの技術も進んでいるようですよ。事実、粒状感あふれる素晴らしいモノクロを、デジタルで表現している方もいらっしゃるのです。ホントに、凄いんですから!
で、なぜ私がフィルムかと言うと…..さしたるポリシーは無いんです。デジタルで「これだ!」と思える機種に出会えたら、あっという間にスイッチしているかもしれません。

>susさん
いつもコメント、ありがとうございます。そうですか、GR-D、手に入れられたんですね。おめでとうございます!
私も店頭で幾度か手に取ったことはあるのですが、GR1vの印象が強すぎるのか、どうしても「違う…..」と思ってしまうのでした。当たり前のことなんですが、「”GR”と言うよりも”デジカメ”」と(苦笑)。ですから、いまは次機に期待しています。なんでも、Ricohはフォトキナで、それをにおわせる広告を出したとか。

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2006/09/30/4748.html

決して後戻りしない流れとは言え、それでも期待してしまうのは、銀塩GR1、GR21の復刻と、50mmレンズ搭載の新GR1の登場だったりします(”50mm”にちなんで、”GR1f”なんてどうでしょう?)(笑)。
当面はflickr経由のお付き合いになりそうですが、ブログ、再生されることを楽しみにしています!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/03/%e6%82%a9%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%8d%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
悩みのタネ。 from memoranda

Home > 写真機 > 悩みのタネ。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top