Home > 思惟 > 帯に短し襷に長し。

帯に短し襷に長し。

  • March 23rd, 2007 (Fri) 13:13
  • 思惟

Tyo2005Sep047

何事かをやり終えるには、あまりに時間が足りません。かといって、なにもしないで過ごすには、あまりに長すぎる時間です。細切れの時間を目の前にして、行動よりも逡巡に費やすほうが、あるいは長いかもしれません。

珍しく早く帰宅できた夜など、そんな時間を相手にして当惑することがあります。読み残していた本を書棚から引っ張り出し、再び活字を追い始めると、はじめの方が気になって、再び元に返ってしまいます。そうすると、就寝までに読了できないことは、火を見るより明らかです。

パラパラと一瞥しただけで仕舞い込んだ写真集があります。ぞんざいな扱いを詫びたくなって、今度は丹念に眺めてみようと思ったりします。しかし結局、途中で飽きてしまいます。そうして、あの批評家がこの写真家をなぜこれほど持ち上げたのかという疑問を、そのまま布団に持ち込むことになってしまいます。

時間が合わず、本放送では観られなかったドラマやドキュメンタリーがあります。カミさんに録画しておいてもらったものです。「いつでも観られる」という安心感でしょうか、こうした時間をビデオ視聴で消費しようとする優先順位は、常に下の方にあります。

そのため、観もしない録画テープが積もってきて、気がつくと平気で上書きしていることさえある始末です(せんだっても、昨季のF1最終戦ブラジルGP(未見)を、危うく消してしまうところでした)。

結局、垂れ流しのニュース番組をボンヤリ眺めることになりがちです。こんな時空のエアポケットで、いっこうに恐怖を感じずに済ませられるのが、テレビの鎮静作用でしょうか。

我を忘れて「そのことだけ」をしていれば良かった子どもの頃を、懐かしく思います。すくなくも、当時は時間を「消費するもの」と考えたことはありませんでした。

回遊魚のように、常に俊敏に動き続けていたいわけではありません。むしろ、腰を落ち着け、気持ちも落ち着けて、なにかしら深いところへと、鈍重に沈み込んでみたいのでした。

Tyo2005Sep048

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/03/%e5%b8%af%e3%81%ab%e7%9f%ad%e3%81%97%e8%a5%b7%e3%81%ab%e9%95%b7%e3%81%97%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
帯に短し襷に長し。 from memoranda

Home > 思惟 > 帯に短し襷に長し。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top