Home > 写真機 > 京都は「京都」じゃなかった。

京都は「京都」じゃなかった。

Tyo2006 Mar021

まるで春のような…..もしかすると、春以上に恵まれた、暖かな三連休でした。初日は、翌日に控えた「京都日帰り出張」の準備に追われ、3日目の午前中は泥のように眠りこけ、午後は家族サービスと、絵に描いたような「勤労父さん」でした(大泣)。

2日目の「京都日帰り出張」、自分で蒔いた種とは言え、「なんで連休の中日に…..」と(苦笑)。他の人の都合も合わせて、そこしか日程が取れなかったからですが、他所から集まった人も、同じような思いを抱いていたようです。

さて、朝早くにこちらを発ち、京都に着いたのは11時半を過ぎた頃でした。午後2時までに会場に着けば良かったので、空いた2時間近く、私は四条河原町から三条付近を優雅にぶらつくつもりでした。もちろん、写真を撮るのと、中古カメラ店に挨拶回りをすることが目的です。

根拠のない目測では、京都駅から地下鉄に乗り、四条駅で降りれば、四条河原町と京阪三条駅は目の前のはずでした。白状すれば、地下鉄に乗るのは2回目。それも、1回目は、15年近くも昔の話になります。

予定では、京都駅から10分以内に四条河原町に着き、三条のシェーキーズでピザとポテトに舌鼓を打ち、大橋のたもとの中古カメラ屋を覗いて、そこにウッカリ売れ残ったGR21を救出する…..、あぁ、なんて完璧な行程!

ところが、地下鉄に乗って四条駅で降りてから、行けども行けども「四条河原町」が出てきません。掲示が教える「5番」の出口は、どうやら直線の地下道の遥か先。なにしろ、地下鉄四条駅で降りた付近が20番台の出口です。

それでも、何かの間違いではないかと、ひたすら歩きました。やっとの思いで5番の出口に辿り着き、上がった先は高島屋の前。「大橋はどこだ?」としばらく出鱈目に右往左往した末、ようやく川が見えたときには既に12時半を回っていました。

「間に合わん。どんなに計算しても、間に合わん」。

シェーキーズでピザとポテトを食べることはおろか、行き当たりばったりに中古カメラ屋を見つける余裕など、皆無に等しいことを悟りました。1時半までには京都駅に戻り、そこからさらに在来線で移動しなければならなかったからです。

(つづく)

Tyo2006 Mar036

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/02/%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%af%e3%80%8c%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%80%8d%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
京都は「京都」じゃなかった。 from memoranda

Home > 写真機 > 京都は「京都」じゃなかった。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top