Home > 思惟 > 三回忌。

三回忌。

  • February 1st, 2007 (Thu) 17:26
  • 思惟

Tyo2006 Mar058

一周忌の翌年が、なにゆえに「三回忌」と呼ばれるのか、未だに良く判っていません。「3年目に入る祥月命日」という説明もありますが、それなら、一周忌とは「二回忌」と呼ぶべきではないのか?、と思ったりもします。また、なにゆえ「一忌」と呼ばないのかも不可思議です。

こういうとき、算数に対する苦手意識が、いかんなく発揮されます。とくに、下記のような数直線。

0———–1———–2———–3

どこからどう見ても、数字は0を含めて4つ書いてあります。なので、これは「4」ではないか?、と思うのですが、やはり「3」なのでしょう。 「数字と数字の間にある直線の数を勘定するのだ」と言われれば、「3」である理由は判ります。

では、0を省いた数直線ならどうでしょう?

1———–2———–3———–4

これは比較的素直に「4」だと思われます。しかし、先と同じ理由で、正確に「4」を数直線で表現するためには、

1———–2———–3———–4———-

もしくは

0———–1———–2———–3———-4

と書かなければならないのかもしれません。

数字のキャラクターが示すものを、その数字そのままの「数」として理解して良いのか、それとも、その数字と隣の数字の間の「量」として認識しなければならないのか、いつも私は混乱してしまうのです。

先の「三回忌」を数直線で示すと、

没年———–一周忌———–三回忌

と言うことのようです。「一周忌」は、これまでに経過した時間の「量」を、「三回忌」は、この先に訪れる時間の「始点」を指しています。「「二」はどこへ行った?」と、余計に混乱してしまうのです。

ついでに言うと、そろそろ、結婚して10年になるのですが、いわゆる「十周年」とは、「10年目に突入する年」なのか「10年目を無事に満了した年」なのかが判りません。

このあたりの認識をカミさんと共有しておかなければ、「今年でしょ?」「来年だろ。」という事態になり、大変なことになります。いまから西暦による数直線を書いて、私たちの十周年が西暦何年なのかを確認しなければなりません。

前置きが長くなりましたが、おかげさまでこのmemoranda、無事に丸2年を終え、今日から3年目に入りました。

始めた当初は、「いくら過去の出来事を切り売りしても、1年だって持たないだろう。」と思っていました。ところが「今日」の過ぎ去るスピードは、私の予想を遥かに越える凄まじいものでした。

過去が量産されるスピードが、過去を切り崩すスピードに追いつきません。さながら、未スキャンのネガが溜まりに溜まって行くさまに似ています。

いつまでこの調子で続けれらるものか、まるで見当がつきませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。節目を迎えるたびに思うことですが、私は本当に、訪ねて下さる方に恵まれていると実感しています。

Tyo2006 Mar054

Comments:3

散歩道 07-02-01 (Thu) 20:45

■marmotbabyさん、
何時になく面白い考察ですね。
儒教の「十王信仰」からきている説だと聞いたことがあります。
亡くなった日が1回目の忌日、2回目が無いのを不思議に思って聞いたことが
あります、「礼記」を勉強しなさい・・とは坊さんの言でした(^^♪

10年、そして3年目ですか。
どちらも、おめでとうございます。訪れる中では劣等生ですが、
これからも楽しみにしています。

complex_cat 07-02-04 (Sun) 12:13

私の方は去年の11月に「丸2年を終え、今日から3年目に入りました。」
似たような話ではないかもしれませんが,テニスのポイントの数え方が,どのような意味があるのか,未だにとても気になります。

marmotbaby 07-02-04 (Sun) 15:35

>散歩道さん
返信、遅くなってすみませんでした。
幾何学は大好きだったのですが、「計算」となると、どうにも苦手の虫が……。とくに分数の割り算など、「÷の記号の後ろの分子と分母をひっくり返してかけ算にする」という理由が、未だに良く分かっていません(恥)。
「十王信仰」、初めて聞く言葉です。やはり、なにか理屈のあることなんでしょうね。
いつもコメント頂いていること、本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします。

>C_Cさん
遅ればせながら、3年目への突入、おめでとうございました。わずかずつでも、続けていることの意味の大きさを実感しますね。根拠は無いのですが、相変わらずの内容でも、この先、4年、5年…..と続けることによって、今まで知らなかった世界に出会えるような気がしています。
ところで、テニスについては私も全く分かりません。たしかに、ほかの球技ではあまり見覚えのないカウントですよね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2007/02/%e4%b8%89%e5%9b%9e%e5%bf%8c%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
三回忌。 from memoranda

Home > 思惟 > 三回忌。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top