Home > 光画 > 645。

645。

2006Tenjin028

先日、Amazonで、荒木経惟さんの『東京人生 SINCE1962』(バジリコ)を買いました。そのとき、「あわせて買う?」と訊かれたので、ついつい、『東京エロス』(ワイズ出版)も買いました。

胸を張って言いますが、妙な下心があったので買いました。なので、お気遣いは無用です(笑)。

現在、両国の江戸東京博物館では、「東京人生」と題する荒木さんの個展が開かれているようです(詳細はこちら)。この『東京人生 SINCE1962』が、この個展のカタログなのか、それともカタログは別にあるのかは判りません。いずれにしても、荒木さんの写真人生を経年的にさらうには、格好の良書です。

いっぽうの『東京エロス』ですが、こちらも圧巻でした。「エロス」の方は、私と同世代か、あるいはさらに年齢の高い(と思しき)女性たちの、決してファインアートとは言えないヌード写真です。

プラスチックのようなグラビア・アイドルの写真など、望むべくもありませんが、被写体の女性たちがとるポーズは、どこまでも煽情的です。しかし、積み重ねた年齢が、あからさまに浮き出ている肉体を観ていると、そこに在る「リアル」に、不思議な思いを抱きます。

反射的に、2つのことを思い出していました。ひとつは、フォスコ・マライーニというイタリアの民俗学者が、昭和30年代に石川県舳倉島を訪ね、土地の海女たちを撮った写真です。褌ひとつで海に潜り、カメラに向かってにこやかに微笑む、女性たちの姿です(『海女の島』(未来社))。

もうひとつは、宮本常一の『忘れられた日本人』(岩波文庫)にある、田植えをする女性たちの話しです。田植えのさなか、女性たちが大らかに性の話に興じ、本来過酷であるはずの労働を、明るく乗り越えている、という話しでした。

当時は着物です。今日のように、下着を身に付けているわけでもありません。その裾をまくり上げて、田植えをしていると、田の神様が喜んでくれる、田の神様も男だから…..といった趣旨でした。田植えをしつつ、世間話から始まって、いつしかそれが猥談になり、それに興じているうちに、気がつくと、田んぼ1枚分の田植えが終わっている……。

その明るさと微笑ましさを紹介しながら、宮本は、「エロ話がいけないのではなく、なにがエロ話を歪めているのかを考えなければいけない」と語っています。労働と生産と生殖が、極めて近い距離にあった時代から、急激な工業化を遂げようとしていた時代の話しです。

もちろん、荒木さんの写真と、これらの話しには、なんの脈絡もありません。ただ、妙な言い方になりますが、哀しいことに、女性の乳房は、ある時期を境に、時として「猥褻」の分類に押し込められるようになったのだなぁ…..と思えるのでした。たとえば、公共の場所で、若いお母さんが赤ん坊にお乳を含ませる光景を、いつの頃からか、まったく観なくなりました。

見せてはならぬし、観てはならぬ。見せたがるのも観たがるのも、観るのも見せるのも、その行為に及んだ途端、あっという間に「犯罪」になってしまう…….。性に関するあらゆることが、現実的には有り得ないその聖性を確保するために、むしろ対極に在る「猥褻」というカテゴリーを振りかざしている…….。おかげで、いまでは、「性」を「犯罪」と切り離して考えることさえ困難です。男はつらいょ。

ま、「エロス」はともかく、その「エロス」を挟み込むように散りばめられた「東京」の写真群の方が、私にとっては圧巻でした。分量的にも、「エロス」より「東京」の写真の方が多いはずです。

この細密感は、35mmでは出ないのかも。6×7はムリでも、せめて645が欲しくなって仕方ないのでした(笑)。

2006Tenjin034

Comments:6

leica-m8 06-11-10 (Fri) 0:55

同感ですね。
性の扱いについての話も、
645が欲しいという話も。(笑)

complex_cat 06-11-10 (Fri) 16:54

時々ROLLEIスクウェアを使いますが,中盤の表現力は圧倒的ですね。今,師より預かったハッセル使ってますが,プレッシャーです。
 ペンタ67はレンズで描写,損している感じです。ブラウベルマキナが欲しいです。

田の神は,男ですね。
 写真を撮ったことがあるので,間違いないです。

marmotbaby 06-11-10 (Fri) 23:04

>leica-m8さん
645! いつの日か、手に入れてしまいそうです。これまでにも、幾度か波が襲ってきました。そのつど、ごまかしてきたのですが……。

>C_Cさん
良かった! コメントが無事に届いていることが判ってホッとしました。やっぱり、時間帯による混雑かも知れませんね。
Makinaと言えば、荒木さん、金村修さんを思い出します。ホンと、手に入れたい機械ですが、とにかく高過ぎますよね……。

>田の神は,男ですね。
>写真を撮ったことがあるので,間違いないです。

ん? こは如何に? まさか、何かしら怪しげな、トワイライトな世界の……?

つくちゃん 06-11-12 (Sun) 9:02

「乳」に反応。(笑)
公衆の場での授乳が出来なくなったのは、明らかにアメリカ式倫理観の流入でしょう。

だから戦後生まれの親に育てられた現代の若い人の中には、異様なほど乳(房)に対する憧れがあるのでは?
アメリカ人女性でも80年代ぐらいから、身体に見合わないほどの牛みたいな豊胸手術をする女性が現れ、20年遅れぐらいで日本も巨乳爆乳の時代ですもの。日本の場合は、天然ででっかい人がグラビアアイドルになってますが。

漫画イラストとフィギュアの乳のとんがり具合は、女の私から見ると、かなり笑えます。重力を無視してるし。(絶対、ダランと下がるもんねw重いんですよ、脂身ですからwww)
なぜに男性が脂身に興奮するのかは、いまだに謎です???(爆)

complex_cat 06-11-12 (Sun) 18:08

家,相変わらず,TBは受け付けてもらえないようですね。
田の神の画はここです。
http://complexcat.exblog.jp/1660160/

marmotbaby 06-11-13 (Mon) 21:58

>つくちゃん さん
女性のお立場からのコメント、ありがとうございました。「脂身」と形容されては、苦笑するしかありません(苦笑)。ただ、その柔らかさに安らぎを憶えるのも事実で……。女性には、そう言ったことはないのでしょうか? むしろ、この方が、私にとっては大いに謎なのです。
この先、女性の乳房からセクシャルな意味合いを取り除くことは、もはや無理なのかも知れませんね……。

>C_Cさん
ご面倒をおかけしてすみません。まったくもって、原因がつかめません。
誰か(というよりも、TBスパムを送りつけるロボット)が、C_CさんのIPを騙って、スパムを送ってくることがあり得るでしょうか? Scodeを導入する以前、スパム撃退にと禁止IPを設定したのですが、昨日、全て外しました。これでダメなら、いよいよもって……。
今後、TBを頂けるような記事を書けると良いのですが……。
田の神の画像、拝見しました。こうした「あからさま」なモノを、信仰の対象として、屈託無く受け容れていた時代の日本人に出会いたいものです。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/11/645%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
645。 from memoranda

Home > 光画 > 645。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top