Home > 写真機 > 言い訳する背中。

言い訳する背中。

2006Daisen0201

昨日の記事で、「結論は決まっているのですが….」と書きました。決まっているのは「携帯電話の購入を見送る」ことのほうです。いっぽう、11月に行われる義弟の結婚式、その場にどのような機材で臨むか、まったくの白紙です。ひたすら、困っています。

ちゃんとしたカメラマンをお願いしたうえでの話しなら、随分と気が楽になります。Pen SにNatura1600を詰め、そっと動き回れば良いわけですから。しかし、本職のカメラマンさんの役割を期待されるのかと思うと、なんとも憂鬱です。

カミさんは、言葉を尽くして、私の撮る写真が、いかに結婚式向きではないかを、電話の向こうの義父に力説しました。たとえば、「ゴミばっかり撮るんだよ」とか「私の写真で、目が開いてるのなんか、ホンとに無いんだから」とか、「白黒のザラザラでも良いわけ?」とか。普通なら凹むところですが、このときばかりは加勢に回りたいくらいでした。

「それでも良いから」とは義父も言わなかったと思いますが、昨日述べたような理由で、引き受けざるを得ませんでした。こうなると、とにかく、音の小さな機械でなければなりません。仮に一眼レフを持ち出すなら、この時点でF3は却下。まろやかなシャッター音のFA以外にありません。ストロボを用いるとしても、FAならペンタプリズムの上に乗せることができますから。

寄ったり引いたりするための、傍若無人な動きを控えるには、ズームレンズが不可欠です。しかし、私の手持ちは単焦点しか有りません。広角はGR1vで押さえるとして、85mm f2s、もしくは105mm f2.5sの出番でしょうか。

それではフィルムは…..? 前回、子どもの運動会の折には、結局、FujiのSUPERIA Venus 800を使いました。さすがに結婚式では、PRO 800を使うべきでしょうか…..? 通称「いかにもストロボ写真」や「ミックス光源下でのカラーバランスの補正」を考えると、このチョイスは正しいのかな……。

要するに、自分の腕に自信などありようはずがないので、機材のチョイスをちゃんと迷うことで、不安な気持ちを鎮めたいだけなのです。カミさんには「愛しい義弟の一生のこと。このさいなので、F6と高性能手ぶれ補正機能付のVRズームレンズの導入を図ろうと思うがいかがか?」と訊ねてみました。こちらが言い終わらぬうちに「いらんでしょ。」と言われました(「導入を」の「を」あたりで)。

衆人環視のもと、突き刺すような視線に対して、「頼まれたので仕方ないんです…..」と背中で無言の言い訳をし、周囲が納得する範囲の傍若無人に収めようとしている私、そして「さすがに写真が趣味なだけのことはあるわね」と、「誉められたい欲求」に駆られている私、そんな「私たち」がないまぜになって、なんとも妙な心地です。当日は、おそらく、新郎新婦以上に食事が喉を通らないはずです。

必要なのは「覚悟」かも知れません。晴れの舞台で、憎まれ役を買って出る「覚悟」です。そう言えば、職場で写真を趣味にしていることをひた隠している理由は、こういう憂き目に遭わないための自己防衛なのでした。

どなたか、救いのアドバイスや経験談を頂けたら幸いです。伏してお願い申し上げます。

2006Daisen022

Comments:4

散歩道 06-10-18 (Wed) 20:19

■marmotbabyさん、
お困りの様子、失礼ながら楽しんで拝読させて頂きました。(失礼を先に詫びておきます)

簡単ですよ!
新郎新婦がちゃんと写っている写真、式に臨むところからお開きまで。
そして両家のご両親、親戚一同が笑顔で花を添えているシーン。
来賓、友人が新郎新婦に祝辞を述べているシーン。
けっして芸術的要素が必要なところは1枚もありません。式の時系列に沿って場面が押さえられていること。
広角でもズームでもどちらでも良いのです、四角の画面の中に適度な大きさで写っていれば。

こんなに素晴らしい記録と記憶の瞬間に立ち会えることの幸せを感謝して、立ち向かったら如何ですか。
慎重なmarmotbabyさんではいけません、大胆に人前に出てレンズを向けるmarmotbabyさんで臨んで下さい、ね。

私が言うんじゃアドバイスにも何にもなりませんかね(汗)

HAYASHI 06-10-19 (Thu) 2:07

marmotbabyさま
こんにちは、散歩道さんと同様に失礼とは思いつつ笑みを浮かべながら読ませて頂きました。
僕も先だって息子の運動会を連写につぐ連写で乗り切りました。
そうです。「数打ちゃあー当たる」精神です。
フィルムと言う事で多少コスト高は歪めませんが愛する弟の為、それ以上に家族、いや一族がmarmotbabyさんに寄せる期待の為に量産体制で望む事を進言します。

頑張って下さい。(^_^)v

M.Niijima 06-10-19 (Thu) 17:46

結婚式ですか。
ストロボぴっかりの日の丸写真だってアルバムに納まってしまえば、誰の心にも良き日の思い出として残るものではないでしょうか? 写真って、そういうものだと思います。
本職のカメラマンには決して無いもの、それは心から新郎新婦をお祝いする気持ちだと思います。あまり気を張らず、深く考えず、写せばいいのではないでしょうか?

marmotbaby 06-10-19 (Thu) 21:35

>みなさま
暖かいコメントを頂き、本当にありがとうございました。感謝に堪えません。

>散歩道さん
ありがとうございます。だいぶ、気が楽になりました(笑)。確かに、欲張ってはいけませんよね。進行に沿って、その場その場の「主役」をキッチリ押さえることにします。多少の傍若無人は承知の上で…..。周囲も勘弁して下さることでしょう(笑)。

>HAYASHIさん
運動会のお写真、拝見しました。1枚1枚の連なりに、「物語」が収められていますねぇ…..。フィルム送りの必要の無いデジタル一眼レフの場合、連写時でも、音は相当に静かなんでしょうね…..。F3+MD-4では、きっと顰蹙ものだろうなぁ…..。まかり間違って、巻き戻しでも始められた日には、後ろから狙撃されても文句は言えません。とは言え、量産体制は不可欠かも…..悩むところです。

>M.Niijimaさん
そうですよね。とにかく、撮る。結局、気にしていたのは、写真の仕上がりではなく、単に私自身の自意識でした。義弟のために、我を忘れて撮ることにします。これこそ、肩肘張らず、記録写真に徹すれば良いわけですから。

>ふたたび、みなさまへ。
本当に、ありがとうございました。ずいぶん、気が楽になりました。その一方で、唯一の懸念はフィルムの選択です。みなさんなら、どんなフィルムをチョイスなさるでしょう…..? もちろん、高いフィルムが良い、と言うわけでもないでしょうし……。
よろしければ、ご教示下さい。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/10/%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3%e3%81%99%e3%82%8b%e8%83%8c%e4%b8%ad%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
言い訳する背中。 from memoranda

Home > 写真機 > 言い訳する背中。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top