Home > 家族 > 予算の都合。

予算の都合。

  • October 17th, 2006 (Tue) 18:27
  • 家族

2006Daisen025

結論は決まっているのですが、とりあえず、悩んだフリだけしてみます。11月の半ば、カミさんの弟が結婚します。場所は、本人達の職場のある土地です。私たち家族も、ふたりを祝福するために、その土地に赴きます。

しかし、当人達を祝福することが唯一の目的たるべき移動に、我が家の家族旅行を抱き合わせるのはいかがなものかと、一抹の後ろめたさが頭をよぎります。しかし、これは私たち家族に限ったことではなく、カミさんの両親もそのつもりのようなので、いくぶん、罪を軽くしてもらったようにも思っています。

せんだって、打ち合わせも兼ねて、カミさんが実家に電話を入れたときのことです。馴染みのない土地で観光をするのだから、携帯電話は必要ではないかと諭された模様。電話口で、カミさんが「私たち、ふたりともひねくれ者だから」と、3回くらい、繰り返していました。

カミさんはひねくれているかも知れませんが、以前にも書いたように(「後悔」を参照。)、私自身は「ひねくれている」つもりは無いのです。むしろ、完全に乗り遅れてしまった、という印象が強く、いまさらショップの敷居を跨ぐのが億劫なのです。

とりわけ写真を始めて以来、あらゆる貨幣価値を、まずはカメラやフィルム代に換算して考えることが多くなりました。携帯電話に限らず、BSやCSに加入することで消費する月々の代金を、フィルムに置き換えたらいくらになるか…..。これくらい、億劫に自信を持たせてくれる理由は他にありません。相変わらず、携帯電話は遠退いて行くばかりなのでした。

会話の内容から、おおよその見当は付いていたので、カミさんに「どうする?」と訊ねました。カミさんは「いらんでしょ。」と即答したのち、「いまどき、レンタルの携帯電話ってあるのかなぁ…….」と、あくまで所有するつもりは無さそうです。

その動機が何処にあるのか判りませんが、主体性のない私としては、カミさんのこの反応に、ホッと胸を撫で下ろしています。私の懸念は、道楽に費やす月々のお金が減ることと、あのきらびやかなショップで、店員さんに手取り足取り教えてもらいながら、いっこうに仕組みを理解できず、言われるがままに契約書にサインせざるを得ない状況に、我が身を置くことでしたから。

それよりも、もっと大きな問題は、義父に当日の写真撮影を頼まれたことでした。「やめといたほうが良いよ」と、カミさんは義父を説得していましたが、予算の都合でカメラマンは雇わないのだそうです。

さぁ、困ったぞ……。

2006Daisen028

(本日の縦位置の写真、空にケンカを売る息子です。)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/10/%e4%ba%88%e7%ae%97%e3%81%ae%e9%83%bd%e5%90%88%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
予算の都合。 from memoranda

Home > 家族 > 予算の都合。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top